スポンサードリンク

今日もゴルフの練習に行ってきました。

仕事が忙しくてなかなかクラブを握れてなかったのですが、久しぶりの練習はやはり楽しいです。

ストレス発散にもなりますしね。

 

では、今回も前回や前々回に引き続きスライスを直す方法について紹介したいと思います。

 

僕もゴルフをはじめた当初はスライスに悩んでいました。

 

僕の場合はインパクトで伸び上がりの癖があり、それでフェースが開いてカット軌道のスライスになっていました。

 

また、体が左右に流れるスエーの癖がありました。

これらがスライスの原因になります。

 

バックスイングで腰とヒザが右へ流れてしまいダウンスイングではその反動で体が左へ流れてしまっていました。

これでは体が先行し、腕が遅れてしまうためフェースが開くのは当然のことです。

フェースが開いたままインパクトすることでスライスしてしまいます。

 

一番の原因としてはバックスイングで体重移動をするときに右脚の外側に体重がかかってしまうことです。

 

これを矯正するのに右足のかかとで物を踏んでスイングする練習を行っていました。

 

こうすることにより右足が自然とつま先体重になります。

 

そして、つま先体重になることによりスイング中に前傾姿勢を保つことができるのです。

 

また、バックスイングでは右の股関節に体重を乗せやすくもなります。

 

スライスの原因がスエーで悩んでいる場合はこれを試してみるといいです。

 

 

バックスイングで右腰、もしくは右ひざが流れてしまったらインパクトで体が開いてしまいますからね。

 

体重移動を意識するあまりバックスイングで右足の外側に体重がかかってしまったら右腰と右ひざが流れてしまいます。

 

そして、ダウンスイングはその反動で今度は右に軸が傾いてしまうのです。

 

右に軸が傾いてしまったら、左腰が左へ流れてしまい、インパクトで見事にフェースが開いてしまうわけです。

 

フェースが開いてインパクト=スライス。

 

 

練習方法としては右足のかかとに柔らかいボールなどを踏んで、スイングします。

こうするとお尻がグっと上がるためバックスイングでは右股関節に体重をかけやすくなるからです。

 

そうなると体が回転しやすくなります。

体を回転しやすくすることで今度は軸がぶれなくなります。

 

バックスイングは左足を上げて右足一本で立って切り返しで左足を踏み込んでダウンスイングする練習も効果的です。

 

この練習をすることで一本足で右股関節に体重が乗る感覚が分かるからです。

 

正しい体重移動を覚えることができますし、バックスイングで体がぐらつくという場合は右足の内側に体重を乗せる意識を持ってこの練習をしてみるといいですよ。

 

先ほど言いましたが、右足のかかとにボールなどを踏んで練習するとつま先体重でスイングすることができます。

なので右へのスエーを防止することにもなります。

 

右足かかとにモノを踏んでスイングすることにより右股関節に体重が乗れやすくなるのでスエーに悩んでいる場合はおすすめの練習方法です。

 

僕はこの練習方法を井上希プロがやっていることを知り実践していました。

軸ブレしないきれいなスイングで飛距離も出る井上希プロのスイングを参考にしています。

jogt4gf4g

あなたがもしもスライスに悩んでいるのであれば試してみるといいです。

あなたのスライスの原因が今回のように下半身のスエーによるものであればそれを矯正するいい練習方法だと思います。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク