スポンサードリンク

今回はラウンド中にスライスを直す特効薬を紹介します。

 

スライスに頭を抱えているゴルファーは多いです。

特にゴルフ初心者のほとんどがこのスライスに悩んでると言っても過言ではないと思います。

 

もちろん僕も例外なくゴルフをはじめた当初はスライスに悩まされていました。

ティーショットで左サイドへ突っ込む癖がある人はカット軌道のスライス打ちになってしまいます。

 

やはり飛ばしたいという意識が体が左へ流れる原因と言えるでしょう。

 

飛ばそうと思うと体が左へ流れやすくなるので右肩がダウンスイングの早い段階で出てくるため、カット軌道になってしまいます。

 

こうなるとクラブが振り遅れてしまい擦り球になってしまいます。

 

ゴルフでスライスに悩んでいる人の多くはカット軌道による擦り球で飛距離が出ずに頭を抱えていると思います。

 

なのでそれを直すために腹筋を意識してみましょう。

 

腹筋を意識して右足一本の素振りをすることによりバランスよくスイングできて、クラブヘッドが加速することになります。

jiewi32wg

なのでダウンスイングで突っ込む癖がついてしまっている場合は右足一本での素振りが有効なんです。

 

例えばティーショットの前でもいいです。

 

この右足一本の素振りで体が突っ込む癖を修正しましょう。

 

速く振ろうと思ったり、強く遠くへ飛ばそうと思うことによりダウンスイングで体が左へ流れてしまうので球がつかまりません。

 

体が突っ込むということはフェースが開くことになります。フェース開いたままインパクトすると当然打ちだされた球はスライスします。

これを解消するためには先ほど紹介した右足一本での素振りが効果的です。

 

フォローまでしっかり右足一本で立てるように素振りをしてみましょう。

 

フォローまでしっかり右足一本で立つことができれば軸を保ってスイングできた証拠です。

 

軸が安定することによりクラブヘッドがスムーズにターンしてくれます。

 

そのためボールをスクエアにインパクトできるのでつかまった球が打てるようになります。

 

また、軸が安定することによりクラブと体が引っ張り合うことになります。

 

クラブと体の引っ張り合いが自然と生まれます。

 

つまりこれはクラブヘッドに遠心力が生まれたことになります。

 

ヘッドを走らせようと思うのであれば、このように体が突っ込まないことが第一条件となり、右足一本でバランスを保ったまま素振りをすることが効果的です。

 

いつまでたってもスライスが直らないという場合は、この素振りを取り入れてラウンドしてみてください。

 

これは永野竜太郎プロがコースでスライスを防止するために行っている方法でもあります。

 

今回のスライスの原因として体が突っ込むことを直す方法を紹介しました。

 

もちろんスライスになる原因はこれ以外にもありますが、今あなたがスライスに悩んでいるのであれば実践してみる価値はあると思います。

 

僕がゴルフをはじめて半年でスコア82をマークできたゴルフ理論。

スライスを直すにもおすすめのレッスンになります。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク