スポンサードリンク

今回もあなたのゴルフが向上するよう有益な情報を配信したいと思います。

 

ゴルフで一緒にラウンドしているとスライサーの人のアドレスを見るといかにもスライスを打ちそうなアドレスをしている人ってよく見かけます。

 

そんないかにもスライスが出そうな人のアドレスには共通点があります。

 

まずは右ひじと右肩の高さをチェックしてみましょう。

 

右ひじが突っ張ることにより右肩が上がります。

 

そしてテークバックでクラブがアウトサイドへ上がりやすくなるのです。

こうなるとダウンスイングでインサイドからクラブを下すことができなくて、スイングがカット軌道になってしまいます。

 

 

なので、スライサーの場合は右ひじをアドレスで引いて構えることがスライス改善のポイントになります。

 

右ひじを引いてアドレスすることにより右肩が下がり状態も多少右へ傾くことになります。

 

これがいわゆる逆Kの字のアドレスになります。

 

この逆K字のアドレスができたらダウンスイングで右ひじが体の近くを通るのです。

owet94g34

 

するとインサイドからクラブを下せるようになります。

 

 

この逆K字のアドレスは耳にしたことがある人は多いでしょう。

 

でも、実際できている人は少ないと思います。

 

スライサーの場合はとくにこの逆K字のアドレスを意識することをおすすめします。

 

 

逆Kの字のアドレスを作る効果的な練習方法としては、右ワキにヘッドカバーを挟んでアドレスしてみましょう。

 

右ワキにヘッドカバーをはさんでスイングすることにより右ひじが体の近くを通る感覚がつかめます。

 

 

スライサーの場合アドレスで右ひじが突っ張ってしまっています。

 

右ひじが突っ張ってしまうことによりカット軌道になりやすいです。

 

右ひじが突っ張ることにより右肩が高くなってしまうからアウトサイドへクラブを上げやすくなります。

 

なのでダウンスイングがインサイドから下すことができずにカット軌道になってしまうのです。

 

ポイントとしては後方から見て左ひじが見えるぐらい右ひじを引いて構えましょう。

 

そうすると右肩が自然と下がります。

 

右肩が下がることにより軸が自然と右へ傾きます。

このアドレスができるとダウンスイングでひじが体の近くを通ることになるので自然とインサイドからクラブを下すことができるようになるのです。

 

スライスが直らずに悩んでいる場合は、アドレスから気を使ってかえてみることが大事。

 

逆K字のアドレスを意識して構える練習をしましょう。

 

 

この逆K字のアドレスを作るためのヘッドカバーを右ワキにはさむ練習は片岡大育プロが実践している練習方法です。

 

画像のように右ワキにヘッドカバーをはさんでスイングします。

i9r8tg34

 

右ひじを引いてアドレスしてカット軌道を矯正するためには、この片岡大育プロが言うようにヘッドカバーを使っての練習がスライス解消の近道になると思います。

 

もともとスライサーだった僕もこのヘッドカバーをはさんでの練習を行っていました。

 

カット軌道を直すにはやはり最初は大げさにやるぐらいで丁度いいです。

これからスライスを直す場合の参考になればと思います。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク