スポンサードリンク

最近はスライスを直すための方法を頻繁に紹介しています。

 

というわけで、今回もスライスに悩むゴルファーに向けてスライスを直す方法を紹介したいと思います。

 

スライスが直ればゴルフが良くなる。

 

誰もがこう思うかもしれません。

たしかにスライスが直ればゴルフが楽しくなります。

でも、スライスを自分の武器にしてゴルフを楽しんでいる人もいます。

強制的にスライスは直さなければいけないというものでもないかもしれませんが、それでもスライスが直ったほうがゴルフが良くなるし、楽しくなると僕は思います。

 

右へ飛びだしてそのまま戻ってこないこすり球にうんざりしているのであれば、スライスを直したいと強く思っていることでしょう。

 

では、内容に入っていきます。

 

スライスを矯正するためにダウンスイングはインから下すというイメージを作るために、テークバックもインに引いている人は多いです。

でも、実はこれは逆効果なんです。

反動でループを描いてしまうのでインサイドからではなくて、アウトサイドからクラブが下りてきやすくなるのです。

 

その結果、スライスが出ます。

逆にテークバックをアウトサイドへ上げたほうがクラブがインサイドから下りやすくなります。

 

では、アウトサイドへ具体的にクラブを上げるポイントですがクラブを右足前までまっすぐにあげることです。

そうすることによりクラブがアップライトに上がってくれます。

 

そして、トップでループ描いてインサイドから下りてくるのです。

 

なので球がつかまるわけです。

 

意識はテークバックの右足前までまっすぐに引くことですね。

 

ダウンスイングでクラブをインサイドから下すイメージを作るのであればバックスイングでインに引くことをやめることです。

ほとんどのスライサーの場合、テークバックでクラブをインサイドへ引く傾向がありますのでこの点を注意してみてください。

 

また、このクラブをアウトサイドに上げてインサイドから下す理論は谷原秀人プロが推奨している方法です。

 

どうしてもダウンスイングでアウトサイドからクラブが下りてしまうという場合は、テークバックでインサイドへ上げるのではなく、大げさでもいいので意識的にアウトサイドへクラブを上げていってみましょう。

jgiweg

これがうまくはまってスライスを直した僕の友人がいます。

それまで彼はインサイドにクラブを上げてダウンスイングではアウトサイドからクラブが下りてきていました。

 

そこで、この理論を教えて練習するとクラブがインサイドから下りるようになりスライスを直すことができました。

スライスを直すのはこのようにちょっとしたきっかけで直ります。

長年スライスに悩んでいる人はこのアウトサイドへテークバックすることを試してみてください。

 

はじめは極端にアウトサイドへテークバックするぐらいの気持ちでいいです。

大げさにやることが大事です。

大げさにやることによりはじめはかなり違和感があるかと思いますが、それでいいです。

自分では大げさにやっているつもりでも周りが見たらたいして変わってないというのが現実ですから。

 

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク