スポンサードリンク

ゴルフでスライスを矯正したいという方にとって今回は有益な情報を配信したいと思います。

 

今回のスライスの原因としては、下半身が止まることによりクラブを振るスペースがなくなり、そのため前傾が崩れてスエーしたり振り遅れたりでのスライスを矯正するため方法です。

 

下半身の動きが止まってしまったら振り遅れの原因となります。

 

また上半身だけで打つと飛距離は出ません。

 

お尻を意識してスイングすることにより今回のスライスを矯正します。

 

振り遅れはお尻をクルっと回して防ぎます。

 

 

多くの人は飛ばそうと意識すると上半身で球を打ちに行きます。

 

すると下半身ではなく、上半身ばかり動いてしまいます。

 

上半身ばかり動くため下半身が止まります。

そしてクラブを振るスペースがなくなるのです。

 

前傾が崩れてスエーしてしまうのでこれがスライスの原因となるのです。

 

 

ですので、積極的に下半身を動かすことを意識しましょう。

まずは、下半身を積極的に動かすことが大事。

 

下半身を積極的に動かすことによりこれらのミスを防ぐことができるからです。

 

切り返しからインパクトにかけて、お尻がターゲットの方を向くまでくるっと回すこと。

 

そうすることにより、クラブを下すスペースが生まれるからです。

 

そして、振り遅れがなくなります。

上半身で打ちに行くのではなくて下半身を積極的に使ってお尻をクルっと回す。

weif4g

お尻がターゲットの後方を向くまでクルっと回すことです。

 

すると、股関節がしっかり決まるのでボールにエネルギーを伝えることができるのです。

 

 

アドレスではひざがつま先よりも前に出ないように構えます。

 

アドレスでヒザがつま先よりも前に出てしまったら、お尻を回しづらくなるからです。

 

 

だからアドレスでは骨盤から前傾してヒザは軽く曲げてお尻を回せる体制を作ることを意識してみてください。

 

下半身を積極的に使うためにはアドレスの形が大事になりますから、これをしっかり意識しましょう。

 

今回のスライスを直す方法は上井プロが行っているレッスンでもあります。

 

下半身を使って振ったほうがボールにエネルギーを伝えることができるので飛距離も出ます。

 

スイング中に下半身が止まってクラブを振るスペースがなくスエーしたり前傾が崩れる場合は「お尻をクルっと回す」を意識して練習してみてください。

 

 

ゴルフを始めてわずか半年でスコア82を出しました。僕が実践したゴルフ理論は「ゴルフ7日間シングルプログラム」です。

今あなたが90切りで手を焼いているなら手にしておいて損はないと思います。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

 

repoto
スポンサードリンク