スポンサードリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

前々回の記事でお伝えしましたダウンスイングの後方から見たときの三角形について動画で解説していますので、こちら確認していただけたらと思います^^

左脇を閉めると大事な三角形ができない

ダウンスイングで左脇を閉める意識が強いことで、スイング軌道がアウトサイドインになってしまっているという事が考えられます。

これは実際に昔の僕もこのように、切り返しから左脇を意識して閉めようとして、その結果ボールに対してクラブが外から下りてきていたという事がありました。

また、ダウンスイングで左ひじを体に引き付けようと思って下してくるとインサイドからクラブを下せたとしてもインパクトで左腕の旋回が止まってインパクトが詰まって、その結果、右手首が手のひら側に折れて、左手首が甲側に折れてしまう動きになりやすいです。

これが「すくい打ち」動きになります。

もしくは手でしゃくる動きですね。

こうなるとロフトが寝てインパクトしてしまいますので高くて弱々しい球になります。

アイアンの番手通りの飛距離が出ないという場合は、切り返しから左脇を閉めようと意識していないかを今一度ご確認していただけたらと思います。

左脇というのは閉めようと意識するのではなくて、勝手に閉まるものです。

インパクトからフォローにかけてある程度閉まっていきます。

なので、ダウンスイングの初期段階から左脇を閉めようと意識する必要はないという事。

とくにアウトサイドインの軌道が直らないという方は逆にダウンスイングで左脇を開けるぐらいのつもりでクラブを下してくるとクラブが寝て下りてきますので、インサイドからクラブを下すことができます。

まずはプッシュアウトさせよう

アウトサイドインでカットスライスが出る場合、まずはプッシュアウトでいいので右へ球を打ち出すことから始めてください。

プッシュウトを嫌ってダウンスイングでクラブを左へ引っ張り込もうとするとアウトサイドイン軌道が癖になってしまいます。

アウトサイドイン軌道を克服するためには、まずは右へ出る球が打てるようになること。

なので、はじめはプッシュアウトしてかまいません。

プッシュアウトというのは右へ打ち出した球が、そのまま右へ曲がっていく球筋。

この球筋を嫌って左へ引っ張り込みたくなる気持ちはわかりますけど、これではいつまでたってもドローボールは打てません。

「別にドローが打てなくてもいいよ」と思われるならそれでもいいですが、あなたがドローを打ちたいというのであれば、動画でお伝えしているようにダウンスイングでできる三角形ができるようになる必要があります。

 

この右へ出て右へ曲がっていく球筋に変えることができたら、あとはもう一息です。

右へのプッシュアウトを嫌って左へ引っ張り込むというイメージでスイングされている人が多いですが、これでは上達の頭打ちになりますので、ぜひ右へ打ち出すために今回動画でお伝えしていますように、ダウンスイングで左脇を閉めようと意識することは一旦置いといてください。ということです。

あなたがもっと短期間で80台、70台を出していく再現性の高いスイングを作りたいという場合、僕がゴルフをはじめてわずか半年でスコアー82を出した最速でゴルフが上達するスイング作りのキモの部分をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではサイトには書けないゴルフ上達ノウハウを垂れ流しています。

ゴルフ上達ノウハウ無料垂れ流しメルマガ

repoto
スポンサードリンク