スポンサードリンク

17d96c0cb7312798f92919a4dd593a0f_s

ゴルフ侍トシです。

ゴルフスイングというのは下半身リードというのは基本とされています。
これは間違いないと僕も思います。

ただ、手打ちになっている人がこの下半身リードを行ってスイングしようとすると
必ず振り遅れるという結果が待っています。

そこで、ゴルフスイングで最近よく言われている前倒しというのがあります。

前倒しというのはダウンスイングで左腕を外旋させる動きを入れることによって
フェースローテーションを起こして上げて球をつかまえるという意味ですね。

よく前倒しで有名なレッスンプロと言えば桑田泉プロが代表的ですが

この左腕をダウスイングで外旋してくる動き(トップから左手の甲を地面に向けて下ろしてくる動き)は手打ちゴルファーにとっては意味のある動きになりますが、
そもそも手打ちゴルファーではなく、本来の下半身リードで体打ちを習得しようとしている人にとってはこの前倒しという動きは必要ありません。

手打ちの場合はバックスイングからトップでは

ある程度手を使ったり腕を使ってクラブを上げている

そのため、オーバートップになったりトップでフェースオープンになっているため
ダウンスイングで下半身から切り返してくるとインパクトでフェースは必ず開いて戻ってきてしまいます。

なので手打ちゴルファーの場合は前倒しという動きをトップから積極的に入れてくることによって
下半身リードだけでインパクトを戻してくる場合に開いていたフェースを
前倒しの動きによってインパクトでフェースをスクエアに戻すことが可能ということです。

なので「前倒し」「前倒し」「前倒し」と手打ちである程度(90台レベル)まで上達できた人は
前倒しを口うるさく連呼する傾向があります。

でも、結局前倒しなんて動きは手打ちになっている人が意識してやればいいだけで
再現性の高い正しい体打ちスイングを身に着けている人にとっては
全く意識する必要がない動きです。

正直言ってしまえばこういうことなんですね。
そして、この前倒しという動きは手打ちの人にとってこれで振り遅れがなくなったという人もいますが、
もちろんこの前倒しというのはダウンスイングでタイミング良く行う必要がありますので、
下半身がダウンスイングでインパクトに向かって動いていく
この動きにタイミング良く行う必要があります。

例えば前倒しのタイミングが早いと左への引っ掛けが出ます。
また、今度は前倒しのタイミングが遅いと
フェースが開いてインパクトしますので右へのプッシュアウトやスライスが出ます。

この前倒しというのはダウンスイングで下半身のタイミングとマッチさせ

タイミング良く行えるようになるまで
練習しないことには手打ちのゴルファーの場合は上達できません。

また、前倒しというこんな複雑な動きを入れていくのは
僕としてはどうしても、これもその場しのぎ的な方法に思えて仕方ありません。

たしかに手打ちでスライスが治らないので早くスライスを克服したいので
「前倒し」をやってみようと思いました。
とかならいいですが、
再現性の高い正しい体打ちスイングを身につけたいとか、

自分の最大飛距離を出したいとか、

方向性が安定する本当の意味での手を使わないスイングを身につけたいとか、

70台80台を当たり前に出していけるスイングを作りたいとか
こういった場合はわざわざ「前倒し」なんて手打ちを上達させるようなことはせずに

はじめから正しい体打ちの習得を目指した方がいいですし、
最終的に手打ちでは限界がありますので、
周りのゴルファーをスコアーで圧倒したいとか言う場合は
絶対に体打ちを覚えた方がいいと思います。

ゴルフで前倒しという動きは手打ちゴルファーにとっては
確かに効果的な動きになります。
でも手打ちはおすすめできません。
コースではプレッシャーもありますし、
満足のいくショットを打っていくには手打ちは克服した方がいいというのが正直な意見です。

腕のローテーションをマスターするために
「前倒し」という動きを意識して練習するよりは
勝手に正しい腕のローテーションができる「膝立ちで球を打つ練習」をしたほうが
無駄に前倒しのタイミングとかそういったものを考えずに体に覚えこませていくにはおすすめです。

多いのがバックスイングしてトップにきたら切り返した瞬間にすぐに前倒しを入れる。という人が多いです。
切り返しから左手甲を地面に向けるように腕を外旋させてくるわけです。
なんとも不自然な動きをイメージしてわざわざスイングを複雑にしているな~と僕は思いますし、そんな難しいことをわざわざしなくても体打ちを身に着けてしまったら簡単なのにな~と思います。

なので、あなたが再現性の高い正しい体打ちスイングを身に着けたいという場合
その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。
ゴルフ侍トシの無料メルマガ
メルマガではブログには書けない濃い内容をお届けしています。
そして、70台、80台が当たり前になるスイングをあなたも身に着けることができますよ。

repoto
スポンサードリンク