スポンサードリンク

ゴルフ侍トシです。
今回もあなたのゴルフ上達の力になりたいと思います。

 
というわけで、今回のテーマは【タメが作れるか、作れないかで飛距離が大きく変わる】です。

 

あなたもスイングで「タメ」という言葉を聞いたことがあると思います。

 
僕のサイトを見ていただけいているあなたなら
タメの重要性にはお気づきだと思います。

 

 

ダウンスイングでのタメは
ボールを遠くへまっすぐ飛ばすために重要です。

 

 
バックスイングで蓄積されたパワーをキープしたまま
いかにダウンスイングへとつなげることができるか?

 

すべてはこの一瞬で決まると言っても過言ではないです。

 

 

切り返しというのはほんの一瞬です。

 

 

でも、このほんの一瞬の動きを間違えると
それまでの動きが台無しになってしまいます。

 

 

重要な部分だけに、あなたも正しい体の使い方を身につけましょう。

トップからの切り返しのイメージはゆっくり

バックスイングで体を正しく捻転できて、
右足に重心が移動しました。

↓↓↓
そして、トップスイングが完成しました。

↓↓↓

では、左足に思い切って体重を乗せていきましょう。

 

残念ながら、これでは、アドレスからの努力がなんの意味も持ちません。

トップからダウンスイングへ移る時に

 

 
タメがないとせっかくのパワーをロスしてしまいます。

 

 
このタメというのは

上体と下半身の動くベクトルの違いです。
トップから下半身は目標方向へ動き出します。

 
でも状態はまだ右サイドで回転しています。

 
これは肉眼ではなかなか確認しづらいですが、
実際に連続写真やスロー動画では確認することができます。

 

 

でも、この動きがあるかないかによって、

スイングはもちろんですが打球が変わってくることを理解していただきたいと思います。

 

 

切り返しで大切なことは
目線の揺れを抑えることで、
そのためにはスローモーションの感覚で切り返します。

 
ボールを凝視したり、頭を動かさないようにしている場合、
バックスイングをスムーズに行うことができません。

 
あなたには何度もお伝えしていますので
この部分はすでに理解されていると思います。

 

ボールは見ているけど凝視するという感覚は必要ないです。

 

 

あくまでボールは漠然と視界に入っている。という感覚です。
この感覚をダウンスイングの切り返しまでキープします。

 

 
そうすることによって、切り返しをゆっくりと行うことができます。

 
この感覚ができるようになると自然とタメが作れるようになります。

 

 

スイングというのはほんの一瞬の出来事です。

 

 

その一瞬の出来事の中の、切り返しというのはさらに一瞬です。

 

 

バックスイングからトップ、そしてダウンスイングへと移行するほんの一瞬の出来事ですが、ここを下半身先行ができるかできないかでその先のスイングに大きな違いが出ます。

 

 

正しい下半身先行でダウンスイングできるようになると
上半身は置き去り感覚になります。

 

 

下半身が先行することによって、捻転差が保たれているから
上半身が置き去りにされているような感覚になります。

 

 

これがタメです。
これが飛ばしのパワーを生み出します。

 

 

切り返しがよくなると、インパクトは一気によくなります。

 

 

そして、フォロースルーは、もう余韻に浸るだけ。という感覚になります。

 

 

この感覚を身につけるためには切り返しからフォロースルーまで

スイングを分割して考えないことです。

 

 
切り返しからフォロースルーまで

多くの動作がりますが、

スイングは一連の流れです。

ダウンスイングで修正するとフィニッシュが不安定になる

切り返しの目的はバックスイングでためたパワーを

よどみなくインパクトへ向かって集約することです。

 
なので、切り返しというのはその一歩であって、
これが間違ってしまったらあとはおう修正作業になると思ってください。
だから打ち終わった後の形がおかしくなります。

 

そして、フィニッシュでバランスを崩してしまいます。

 
あなたがフィニッシュでバランスを崩してしまうという場合、
それは修正作業をしながらダウンスイングをしているからです。

 

 

逆に気持ちよく切り返すことができたら、
フィニッシュは崩れません。

 

 

ちなみに僕が切り返しがめちゃくちゃうまいと思うプロはマキロイです。

マキロイはフィニッシュでクラブがピタリと止まるのが特徴です。

 

これは毎回切り返しがスムーズに行われている証拠でもあります。

 

 

なので、スイングの後半は切り返しがカギを握っているということを知っていただきたいです。

 

 

あなたもダウンスイングで腕や手を使ったり

無駄な修正がいらないダウンスイングを目指しましょう。

 
切り返しで失敗しない限り、
インパクトを修正する必要はなくなります。

 
最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させて、
80台、70台を当たり前に出していきたいという場合、
僕がゴルフをはじめてわずか半年でスコアー82を出した
スイングのキモの部分をメルマガ限定で伝授していますので
この機会にお楽しみください。
ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク