スポンサードリンク

ゴルフ侍トシです。
メルマガ読者さんにご質問相談メールをいただきましたのdえ

サイトでシェアしておきたいと思います。
今回は直線運動の左への踏み込みについてのご質問でした。

 

 

==ここから==

ゴルフ侍トシ様

偶然見つけたトシ様のブログ、メルマガと共にいつもヒントを頂き
ありがとうございます。

トシ様のお勧めしている、教材(骨を使った直線運動)より、どうしても
自分の中で意味の繋がらない、迷っている箇所がありトシ様の見解を
知りたく、メールさせて頂いております。
この教材、トシ様のブログと出会う前に既に購入しておりました。

混乱しているところは、ダウンスイングの箇所です。

P.55に、「腰をまわすのではありませんよ。その時、左足を下に
踏み込んではだめですよ。重い加圧がかかるため、一瞬動きが
止まってしまいますよ。」と言及されています。

一方、P.57には「腰を左に平行移動する始動のきっかけとして、
左踵を下に踏み込みことから始まります。」とあります。

この2つの表現に、長い間混乱してしまっています。
また、彼のHPにはゴルフは上半身主体の運動であり、下半身リード等
の表現を否定しているところがあったかと思います。

多くの教材には、左膝からの始動・下半身からの始動などの
説明があると思うのですが、ダウンスィングでは下半身からの
始動との感覚で正しいのでしょうか?

また、ダウンの際に右サイドを積極的に使うとの表現も私のレベル
が低いのか更に混乱しています。

他の教材からの疑問であるため、ずっと質問するのを躊躇して
おりましたが、私の周囲に相談出来そうな方がいないため、失礼とは
思いながらも、トシ様へご連絡してしまいました。

長々と書いてしまい申し訳ありません。一言・二言でも何かヒントを
頂けないでしょうか。

何卒、宜しくお願い致します。

==ここまで

==ここから==

お世話になります。
トシです。

ご連絡ありがとうございます。
八幡西区在住なんですね^^
僕も実は小、中学は八幡西区でした。
ちなみに上津役というところでした。
今は実家は八幡東区にありますが。

チサンは数回行ったことがあります。

あの辺ならムーンレイクとかよく行ってましたね^^

あとは福岡国際によく行きますね。
直線運動の教材の事ですね。

ダウンスイングで左に体重移動したら
一瞬動きが止まってしまうというのは間違ってないです。

要は左へ体重移動というか左へ踏み込むことで、

「グッ!!」と左ヒザが曲がっていまいますよね。

これが一瞬動きが止まってしまうという意味です。

ダウンスイングでは左ヒザというのはインパクトに向かって伸ばしながら使います。
つまりダウンスイングの切り返しは左ヒザを伸ばしながら行うことで、
自動的に下半身リードのダウンスイングになります。
そして、左ヒザを伸ばすことで、腰を回そうとしなくても
勝手にヒップターンが起きて、腰がインパクトで45度ほど開きます。
右サイドは右足を粘ってべた足でインパクトを迎えるイメージぐらいで丁度いいです。
正しい下半身リードができたらダウンスイングで右サイドを気にする必要はありません。
ゴルフスイングの基礎基本というか正しい動きというのは
下半身が正しく動けることでほとんど決まります。
球が飛ばないとか、当たらないとか、ダフるとかいろいろありますが、

それらの原因は、まず下半身が正しく動けていないので、
上半身ばかりに目が行きがちですが、下半身の動きを正すことから意識してみてください^^

では、引き続きよろしくお願いいたします。

==ここまで==

 

僕のほとんど地元の方が

こうやってメルマガでご相談していただけるというのはとても嬉しいことです。

出身地が同じというのは親近感が湧きますね。

repoto
スポンサードリンク