スポンサードリンク

ゴルフ侍トシです。
今回はダウンスイングの右肘についてお伝えします。

 

ダウンスイングでよく「タメて下ろそうとしている」場合
あなたもそうかもしれませんが、クラブを縦に下すものだと勘違いしている人がいます。

 

 
要は、縦振りを行うことによってタメが生まれると思っている場合
自分の中でこのようにイメージしてダウンスイングをしているつもりでも、それが実はたたのキャスティングになっているということがあります。

 

 

タメが生まれているというのは、体にシャフトが近い状態のことを言います。

 

 
つまり、タメが生まれるとシャフトが体に巻き付くように下りてくるわけです。

 

 
しかし、腕を縦に振って下したら
シャフトが体から離れて遠くになってしまいます。

 

 

体にシャフトが巻き付くタメが生まれません。

 

 

縦に腕を動かせばいいものだと思っている場合、
あなたも単なるキャスティングになっていないかをご確認ください。

 

 
単なるキャスティングになっているという場合、

正しい右ひじの使い方を覚えましょう。

 

 

ダウンスイングで右手のヒラが真上(空)を向いて

肘の上にお盆を乗せられているような感覚で右肘というのは絞り込まれてきます。

 

 

右手のヒラが真上(空)を向いている場合、
ちゃんと右肘というのは絞り込まれてきます。

 

 

これが体の近くをシャフトが巻き付くようにダウンスイングできる右ひじの動きになります。

 

 

僕がよくお伝えしていますが、これが野球の投手(サイドスロー)の右肘の使い方に似ているという事です。

 

 
ゴルフスイングはバッティングではなく、どちらかというと野球のスローイングに似ています。

 

 

それもサイドスローの動きに似ています。

 

 

そして、右肘というのはこのサイドスローの動きそのものだと思っていいです。

 

 

さらに詳しく動きを紐解いていくと、

ダウンスイングでこの右肘の動きと同調して、

ベルトのバックルが左股関節に押し込まれます。

 

 
左足の土踏まずの内側に押し込まれる。

 

 
ここで、注意したいことですが、よく体がスエーしている人は
腰が左サイドへ極端に移動してしまい

左足の土踏まずの内側で回転できません。

 

 

これは体重移動と意識している人によく見られる

間違った腰の動きです。

 

 

ただ軸が左へ移動しているだけで、
体が右から左へ流れてしまっているわけです。

 

 

 

これではインパクトが安定しませんし、
インパクトをゾーンはなく点でとらえてしまいますので、再現性の低いスイングになってしまいます。

 

 

左足の土踏まずの内側で腰は回転していくのですが、
この時に、胸の面は右を向いているので上下の捻転差があります。

動画でもお伝えしている通りですが、

ダウンスイングで間違った右肘の使い方になっていないかを確認してみてください。

そして、右肘というのは動画のドリルを行うことによって、
正しい動きを覚えることができます。

間違わないようにしてほしいのが、
キャスティングをしないにしてもダウンスイングで右わきを締めるように右ひじを体にくっつける動きをしないという事です。

 

よくタメを作ろうと勘違いされている人に多いのが、右ひじを体にくっつけようとダウンスイングする人がいますが、これは間違った動きですのでやめましょう。

 

この動画でお伝えしている右ひじの正しい動きを覚える練習ドリルを行うことで、肩の関節やヒジの関節が硬い人は柔らかくする柔軟にもなりますので、ぜひ実践してみてください。

 

ダウンスイングで腕を縦に振るという意識とかイメージは捨てましょう。
トップからは上半身は何もせずに下半身のターンで切り返してきます。
この時に右肘というのは動画でお伝えしているように
右手のヒラが真上を向くようなイメージがあると自然と野球のサイドスローのように絞り込まれてきますので、シャフトが体の近くを下りてくるようになるため捻転差をキープできて飛ばしに必要なタメが自然発生するわけです。

 

こういった動きは意図的に行うのではなくて、
動画のようにドリルを行うことで体に覚えこませていきます。
意図的にこのような動きを意識している人の多くが
右脇を閉めて右肘を体に付けようとしていますが、
これは間違った動きですので、そこのところは勘違いされないようにしてくださいね。

 

 

僕はこの練習ドリルを行うことで、
ゴルフスイングは野球のサイドスローの動きに似ているという事をまざまざと実感しました。
そして、正しいクラブの下ろし方を体で覚えることができました。
あなたもぜひ、体で正しいクラブの下ろし方を覚えるために右肘の使い方をマスターしてみてください。

 

 

 

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させて
当たり前に80台、70台を出していける

再現性の高い正しい体打ちスイングを覚えたいという場合、

その詳しい内容はメルマガ限定でお伝えしています。

 

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク