スポンサードリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

今回は右ヒジの使い方についてです。
右ヒジをダウンスイングでどのように入れてきたらいいか。
よく右ひじを絞り込んでくるという事を言われますが、実際にどのように右ひじを絞り込んでくるのか?というのを詳しく説明したいと思って動画を撮りました。

 

ぜひ、この右ひじの使い方を覚えていただきたいと思います。

多くの人が右ヒジが体の前に入ってこないので振り遅れるという状態になっていますからね。

 

けっこう右ヒジの入れ方が大事なんだってことが分かってもらえたのではないですか?

 

ダウンスイングから右ヒジが体の前に入ってこないとタメが生まれない。

インパクトで前傾が起きて伸びあがってしまう。

 

ダウンスイング右足の蹴りが使えない。

切り返しから左へ突っ込んでスエーしてしまう。

 

だいたいこういった悪い動きを引き起こしてしまいます。

 

でも、お伝えしていますようにダウンスイングで右ヒジが体の前に絞り込まれてくることによって、これらの悪い動きを矯正する効果があるという事を知らない人は多い。

とくに、プロのようにダウンスイングでタメをつくるためには右ヒジというのは体の前に絞り込まれてくる感覚が大事なんですね。

 
よく右腰横でインパクトということを聞くかもしれませんが、これは右ヒジが体の前ではなくて、体の側面に下りてくるイメージになります。

 

そしてこのイメージだと右ヒジが外側に曲がってしまいやすいです。

 

ダウンスイングで腰を回して右腰横でインパクトなどのイメージは絶対にやめてください。

腰を回そうとすると同時に肩も開いてしまいます。

 

腰だけ回して肩を残そうなんてことは不可能です。

 

そんなイメージでスイングすることは結構不可能です。

上半身を残して腰だけ回すなんて言う、巷の教え魔の言うことを真に受けていると振り遅れが止まらなくなります。

 

振り遅れるから無駄に意識して手を返そうとして、手をコネまくってきます。

 

手をコネてインサイドアウトに振って球をつかまえようなどとしてくるわけですが、これでは再現性の低い手打ちになります。

 

こちらでも右ひじの絞り込みがアウトサイドインのスイングを矯正する上でも効果がある事をお伝えしていますのでご確認を。

 

 

野球のバッティングのつもりでゴルフスイングを作っていくことはダメですね。

野球のバッティングの要領だと必ず肩の開きが早くなります。

右肩が早くに出てきてしまいます。

これではダメなんですよ。

右肩が前に出てくるのは、腰を回そうとするからです。

腰を回そうとするから右肩が前に出てくる。

そして、右ヒジが体の正面に入ってこないので当然振り遅れる。

振り遅れるからダウンスイングでアーリーリリースになってしまう。

アーリーリリースになるから打ち出しが高いぽわーんとした弱々しい球で飛距離が出ない。

右へフケていく球ばかり出る。

これはフェードボールではなく単なる擦り球。

これをフェードボールと勘違いしてる人もいますが、これはフェードではなくて単なる擦り球です。

 

というわけで、今回は以上です。

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させて当たり前に80台、70台出していく再現性の高いスイングを身に着けたいという場合、その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

僕がゴルフを始めてわずか半年でスコアー82を出したスイング作りのキモの部分をこっそり教えますのでお楽しみ。

ゴルフ侍トシのアマチュアがみるみる上達できる無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク