スポンサードリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

球をつかまえるために、腕の使い方を今回お伝えしたいと思います。

 

特に左腕が大事。

左腕の手首に注目してみてください。

多くのプロのインパクトは左手首がインパクトで真っすぐに伸びているか、もしくは手のひら側に折れています。

 

アマチュアの多くのインパクトは左手首が甲側に折れています。

この違いが分かったら、ハンドファーストでインパクトする重要性に気づけます。

 

 

レートヒットというのはクラブヘッドを遅らせてハンドファーストでインパクトできた結果です。

ボールを打ちに行くとこのレートヒットはなかなかできません。

レートヒットするためには、トップからの切り返しで下半身から始動していき、動画でお伝えしているように左手首が手のひら側に折れているつもりでインパクトを迎えます。

 

この時に、左手首を手のひら側に折る意識を持つタイミングというのが人それぞれ異なると思います。

例えば、バックスイングからトップにかけて、左手首を手のひら側に折ってしまう。

例えば、切り返しから左手首を手のひら側に折ってしまう。

例えば、インパクト直前に左手首を手のひら側に折ってしまう。

 

だいたい、この3パターンがあります。

ダスティンジョンソン、ジョンラーム、ケプカ、タイガーウッズなどは、バックスイングからトップにかけて左手首を手のひら側に折ってしまうタイプです。

ちなみに、このタイプがもっともシンプルで簡単です。

 

松山英樹、マキロイ、アダムスコットなどは切り返しから左手首を手のひら側に折ってしまうタイプです。

 

ベンホーガン、ジャスティンローズなどはインパクト直前から左手首を手のひら側に折ってしまうタイプです。

 

このようにそれぞれ左手首を手のひら側に折るタイミングは異なり、どれがおすすめかというのは人によって異なりますので、どれがいいとかは言い切れませんが、もっともシンプルなのはバックスイングからトップにかけて左手首を手のひら側に折ってしまうタイプです。

そうすると、ダウンスイングで手元は何のしなくて下半身から切り返してそのまま、ハンドファーストのインパクトを迎えることができるからです。

 

あなたも自分がどれがしっくりくるかを実践から選んでみてください。

3つあるタイプの中から自分に合ったものを選んでみるということです。

ハンドファーストのインパクトを迎えるために左手首に関してお伝えしてきましたが、もちろん他の要素も整っていないとハンドファーストでインパクトすることはできません。

 

例えば、ダウンスイングで左へ突っ込んでいくという場合は、ハンドファーストでインパクトできても左サイドがフォローで詰まってしまって左ヒジが引けてしまったりしますし、また切り返しから右手の指でクラブをギュっと握ってしまう癖がある場合は、早い段階でクラブをリリースしてしまいますので、ハンドファーストではなくハンドレイトでインパクトしてしまいます。

ハンドレイトでインパクトすると打ち出しから高いぽわーんとした球しか出ません。

このパターンに陥っている人は「クラブヘッドを先に振る」とか「ヘッド打ち」などをイメージや意識している人に多く、いわゆる「すくい打ち」になっていて本人は思いっきり振っているのに飛距離が出ない。というパターンに陥ります。

本人はすくい打っているつもりではないけど、実際はすくい打ちになっているというパターンです。

 

そして、グリップの握りもだらしなく右手の人差し指と親指の間に大きな隙間ができています。

 

ちょっと話がそれてしまいましたが、今回動画でお伝えしている左手首の使い方を参考にしてみてください。

ハンドファーストのインパクトを覚えることが飛距離アップと方向性の安定につながりますからね。

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させて80台、70台を出していける再現性の高い正しい体打ちスイングを身に着けたいという場合、その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク