スポンサードリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

今日の福岡は雨ですね。

今日は確定申告をしてきました。

毎年この時期になるとお決まりですね。
そんは話はどうでもいいとして笑

 

今回は、ダウスイングの三角形についてお伝えしたいと思います。
「なにそれ?」

「三角形ってなに?」」って思われたでしょ?(笑)
インパクトからフォローにかけて、
左手首が手のひら側に折れないことが大事ということを

このサイトではさんざんお伝えしてきている事なんで、

あなたも理解されているかと思いますが、

左手首が甲側に折れてしまったら「すくい打つ動きになる」ということはもうお分かりですよね。
今回はこれに付け加えてなんですが、
左手首が甲側に折れてすくう動きになる人は左脇を閉めすぎているというがあります。

 

切り返しからいきなり左脇を閉めようとするのはNG

右へスライスするのを嫌がることで、スイング軌道はアウトサイドインになります。
ほとんどのアマチュアゴルファーは右へプッシュアウトスライス、もしくはカットスライスするのを嫌がり、アウトサイドイン軌道になっていきます。
右へ行かせたくないために左へ左へ振ろうとします。

それも切り返しからいきなりクラブを左へ振ろうとします。
右サイドに曲がりながら飛んでいく球筋が嫌で、

ダウンスイングから左へクラブを引っ張り込もうとします。
そしてこの癖がつくと、トップからいきなり左わきを締めるようにダウンスイングしやすくなります。

 

実際にスローでやってみると分かりますが、

トップからの切り返しで左脇をいきなり締めようとするとクラブヘッドは外から下りてきます。
左わきを締めようとする動きは、厳密に言うと、「左ひじを胸に近づける動き」になります。

 

左ひじを胸に引き付けるように切り返してくると力む

切り返しから左ひじを胸に引き付けるようにすると左脇というのは閉められ、左腕が力む。
するとシャフトは切り返しから立たせることになるので、スイングを後方から見たら三角形が作れない。

三角形というのはこのことを言います。

sannkakukei
切り返しからいきなり左わきを締めながらダウンスイングするとクラブがインサイドから下りてこないのでこの三角形ができない。

 

ボールに対してクラブが外から下りてくるアウトサイドイン軌道になります。
そして、切り返しから左脇を強く締めようとすることで、

インパクトが詰まってしまい、左腕が旋回できずにロックがかかって

ついつい左手首が甲側に折れてしまうという事になります。
なので、切り返しから左脇をを締めようと意識することはおすすめしません。

 

左脇は結果的にある程度締まっていく

結果的に左脇というのはインパクトからフォローにかけて【ある程度締められる】ので、自分で意図的に左わきを締めようとすると左腕が旋回せずにインパクトで詰まってしまい左手首が甲側に折れてしまって、結果的にすくい打つ、または、しゃくる動きになってしまいやすいです。
あなたがダフリやすいという場合や、インパクトで詰まっている感じがするという場合は、スイングを後方から見てこの三角形ができているかをチェックしてみてください。
トップからの切り返しで、腕や手元は何もすることなく、下半身から切り返すと自然とインサイドにクラブは寝て下りてきますので、後方から見ると、この三角形が自然発生します。
そして、インパクトからフォローに向け、勝手に左脇はある程度閉まっていき、左腕は旋回していきますので、ロックがかかって左手首が甲側に折れずに逆に手のひら側に折れることになります。

アマチュアの多くがこの手のひら側に折れる左手首の動きができません。

なので、インパクトからフォローにかけて左手首を甲側に折るような動きになってしまっているので、どうしても「すくい打ち」になってしまいます。

これでは手打ちのまま、飛距離が出ない、方向性が安定しないスイングとなりますので、左手首を正しく使うという意味でも、今回お伝えした「左脇を切り返しからいきなり締めようとしない」ことを意識されてみてください。

すると、ダウンスイングでインサイドからクラブが下りてきますので自然と後方から見たら先ほどのプロたちのような三角形ができて向こう側の景色が見えるようになります。

 

というわけで、今回は以上になります。

 

明日動画でちょっと詳しくお伝えしたいと思います。

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいという場合、その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

僕がゴルフを始めてわずか半年でスコアー82を出した最短でゴルフを上達させることができる方法になりますのでメルマガ登録してください。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

メルマガでお伝えしていることを実践するとあなたも短期間で80台、70台と当たり前にスコアーを伸ばしていけますよ^^

ダフリやトップ、スライスやフックといったミスに悩まれているとか、アプローチが苦手とかパターが苦手とか色々あると思いますが、そういった悩みを解決できますのでご期待ください。

repoto
スポンサードリンク