スポンサードリンク

hando2

 

ゴルフ侍トシです。

 

今回もあなたのゴルフ上達のためによろしくお願いいたします。

 

 

というわけで、今回のテーマは【アウトサイドイン軌道は右肩を出さないように改善】です。
僕が思うのはダウンスイングで腕でクラブを振り下ろしてくる手打ちの人などは特にこの右肩をダウンスイングで前に出さないということを意識した方がいいと思うことがあります。

 

 

もちろん再現性の高い正しい体打ちができている人は
ダウンスイングで右肩を前に出さないようになどの意識などは全く必要ないですけどね。
右肩を前に出さないようにスイングする必要がある人というのは、
まずアウトサイドインの軌道になっている人ですね。
どうしてアウトサイドインの軌道になってしまうのでしょうか?

 

 

あなたはアウトサイドインになってしまう理由分かりますか?
それはダウンスイングで腕でクラブを振り下ろしてくる。
というのがあります。

 

 

 

腕でクラブを振り下ろして来たら、
まずほとんどの人がアウトサイドからクラブが下りてきます。
こうなったらもう途中でスイング軌道を修正することはできません。
切り返しでミスってしまったら、その後のスイング軌道を修正するのは無理なんです。

 

 

そこで、アウトサイドインの軌道の人がインサイドからダウンスイングをするために、
右肩が出ないようにダウンスイングしなさい。ということをよく言われます。

 

まず、アウトサイドインの軌道でスライスしている人の場合は
極端なイメージを持っていただきたいです。
そうしないとアウトサイドインの軌道が癖になっている場合

なかなか直らないというのがありますので、
ダウンスイングで右肩を前に出さないようにするためには
極端なドリルを行ってみてください。
まずは野球のライトフライのようなボールを打つ意識で球を打ってみましょう。
これができたら、ライトライナーを打つような意識で球を打ってみましょう。

 

 

今回お伝えしているのはアウトサイドインの軌道を治すために、
そして右肩を出さないようにスイングするために
野球のライトフライを打つイメージで球を打つというドリルを行ってくださいということです。
つまり目標よりも右へ高いテンプラを打つイメージです。

このドリルを行っていると嫌でもインサイドからクラブが下りてくるようになります。

 

 

この打ち方をしているとインサイドアウトの軌道になります。

 

 

ライトフライなのでまずは右サイドへ打ち出したいので

インサイドアウトの軌道になります。
そして、切り返しで右肩が前に出て来たらアウトサイドインの軌道になりますので、ライトフライではなくてサードゴロになってしまいます。
ティーアップを高めにしてクローズドスタンスで構えたら
インサイドアウトの軌道で少し気持ち的にアッパー軌道でスイングし見てください。

 

 

これでライトフライを打つスイングになります。
つまりインサイドアウトの軌道ですね。
そして、ライトフライを打つのが慣れてきたら、今度はライトライナーを打つようにします。
どうするのかというと、ライトフライの場合はテンプラになりますので、ゴルフスイングではインサイドアウトなのはいいですが、これではゴルフになりませんよね。
なのでライトライナーに球筋を変えていきます。
インサイドアウトの軌道は同じですが、今度は極端にアッパー軌道で振ることはせずに、レベルブローのイメージで振っていきましょう。

 

 

ライトフライのように極端に右肩が下がったり、右足体重になって打つ必要はなくなります。

 

これは切り返しで多くの人が陥っているアウトサイドインの軌道を矯正するためのドリルですので、あなたがアウトサイドインの軌道で悩んでいるという場合は実践してみてください。

 

アウトサイドインの軌道=右肩が前に出る。

 

 

きまってダウンスイングで右肩が前に出る人はアウトサイドインの軌道になってしまいますので、その瞬間に、スイングプレーンからクラブが外れてしまいます。
そして、手打ちになってしまいます。

 

 

まずはクラブをインサイドから下すためにこのようなイメージでライトフライを打つ。
そして、ライトフライを打つのに慣れてきたら今度はライトライナーを打つというイメージで球を打ってみましょう。
ライトフライやライトライナーを打つのに慣れて来たら、最終的にピッチャー返しを打つイメージで振りぬきます。

 

 

ピッチャー返しを打つイメージで振りぬく方法についてはこちらでお伝えします。

 

 

まずはあなたの悪い癖となっているアウトサイドインを矯正するために、
今回お伝えしました。
いやがおうでもまずはインサイドからダウンスイングできるようになりましょう。

 

 

では、最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させて、80台、70台を当たり前に出していくために再現性の高い正しい体打ちスイングを作れる詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。
ゴルフ侍トシの無料メルマガ
ゴルフど素人でもわずか半年でスコアー82を出したスイングのキモの部分をお伝えしていますのでお楽しみください。

repoto
スポンサードリンク