スポンサードリンク

ゴルフ侍トシです。
あなたのゴルフ上達のために、
今日もよろしくお願いいたします。
では、今回のテーマは【打ち急ぎを防止、切り返しの間を作る方法】です。

 

ゴルフスイングは間が大事。
ということをあなたも聞いたり、耳にしたことがあるかもしれません。
この間というのは、トップからの切り返しのことを言います。

アドレスからテークバック、バックスイング、トップと移行して、
いざダウンスイングという切り返しの部分の事です。

あなたが打ち急ぎのミスがよく出るとか、
緊張した場面でリズムが狂ってミスするとか、
もしくは力みやすく、力任せにクラブを振ってしまうという場合は、
動画でお伝えしていることをぜひ参考にしてください。

↓↓↓

切り返しで間を作れるようになりますと、
球の方向性が安定します。
そして、間を作れることによって、タメが自然発生しますので飛距離がアップします。
シャフトが体に巻き付くようにスイングすることができるようになるのでぜひあなたも「切り返しの間」を作るために、「切り返しは、ゆっくり、じわーっと」をイメージしてみてください。

 

打ち急ぎによってミスするという場合は

ダウンスイングでタメがないという事も言えますが、タメを作ることができないのは振り上げたクラブをボールに向かって振り下ろすようなイメージがあるとミスショットになります。
だいたいが、キャスティングと言われる手首の角度がダウンスイングの早い段階でほどけてしまって、ダフリが出やすくなります。

ダフリが出やすくなるとそれを嫌がってインパクトで腕が縮こまったらトップします。

 

切り返しを上手にできるようになるとゴルフが一段と上達したのを実感できます。

切り返しというのはゴルフスイングで最も難しく、またもっとも重要な部分であるということが言えます。

切り返しが上手くできるようになると、ショットが劇的に良くなります。

 

動画で僕がお伝えしているように、
あなたもダウンスイングの早い段階でクラブフェースをボールに向けて下ろしてしまっていないかをご確認ください。

切り返しでは下半身リードでダウンスイングをスタートさせますので、どうしても一瞬の間が生まれます。
正しく切り返している場合は、この一瞬の間ができますので、クラブを上から度ボールに向かってたたきつけるようなうち方にはなりませんし、また逆に球をすくうような間違った腕の動きにもなりません。

 

正しい腕のローテーションが出来るようになりますし、
また、ダウンスイングの初期段階ではクラブは寝て入るという意味が分かります。
もちろん腕を使ってクラブを振り下ろすなどの無駄な動きをしていない場合は、自然落下によって、トップからクラブが寝てはいるという事が理解できると思います。

 

クラブが寝たらだめなんじゃない?とあなたは思うかもしれませんが、ダウンスイングの初期段階でクラブは寝て入りますが、右腰のあたりから腕のローテーションが入りますので自然とクラブは立ってきます。

 

シャローな入射角でボールをとらえることができるので、飛距離が出ますし球の方向性が安定します。

 

そして、ダフリやトップなどミスが激減するのもこのダウンスイングでの一瞬の間、切り返しでクラブが自然落下することができなければいけません。

 

アマチュアゴルファーの8割以上が打ち急ぎです。
ダウンスイングでタメがありません。
そのため、アーリーリリースになって球が飛ばないし、方向性が安定しない。

あなたにはこうなっていただきたくないので、ぜひ切り返しの間を作ってくださいね^^

 

 

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させて
周りのゴルファーをスコアーで圧倒して勝ちたいという場合、
僕がゴルフを始めて半年でスコアー82を出した

スイングのキモを作る詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。
ゴルフ侍トシのゴルフ上達ノウハウ垂れ流し無料メルマガ

 

repoto
スポンサードリンク