スポンサードリンク

17d96c0cb7312798f92919a4dd593a0f_s

ゴルフ侍トシです。
今回は【振り遅れ】についてちょっと詳しくお伝えしたいと思いますね。

あなたは振り遅れと聞いたらどんなことをイメージしますか?

よくラウンド中に、ゴルフ仲間から

「振り遅れているからもっと早く手を返した方がいいよ」

このように言われたり聞いたりしたことないですか?

振り遅れてしまう原因というのはよくありがちなんですが、

正しく振り遅れについて知っているという人は少ないです。

でも、「振り遅れ」という言葉なんですが、
上級者になるとこの言葉というのは良い言葉になります。
一般的に振り遅れというのは悪い言葉ととらえがちですが、

良い振り遅れと悪い振り遅れがあるということをまずは知っていただけたらと思います。

振り遅れ=スライス。
このイメージは誰もが持っているものだと思います。
ただ、これは悪い振り遅れの場合です。
良い振り遅れというのはスライスしません。

まず振り遅れということを聞くと、
誰もがクラブが遅れてきて腰が開いてしまって、
それによってクラブフェースが開いてインパクトしてしまって振り遅れると思っています。
だいたいこんなイメージを持っています。
でもこれは実は何が遅れているのか?というと
フェースの角度が振り遅れているということ。
正確に言うとこういう表現になります。
つまりフェースの角度が戻り遅れているだけということなんです。
なのにほとんどの人は遅れているからと言って手元を早く戻さないといけないと思ってしまうわけです。

そして、なおかつ腰を開いてしまたらスライスになるから腰を止めて、早く手を戻そうとするわけです。
そうするとクラブフェースというのはどうやってもインパクトでスクエアに閉じることができません。

なので、どうするか?
無意識に手をこねてスクエアに戻そうとする動きを入れてしまうわけです。
まず、勘違いを治すために
振り遅れというのは腰が開いて、腕が遅れるイメージというのを忘れてください。
このイメージがあると腰の回転を止めて、早く振り下ろそうとしてしまいます。
しかし、これが結果的にフェースを開かせてしまってスライスの原因になってしまいます。

実際に腰を止めて腕をしっかり早く振り下ろして振り遅れないように練習場で球を打ってみてください。

そうするとかなりスライスしてしまいますので、びっくりされることでしょう。

つまり、あなたが振り遅れたくないという想いが強いとスライスは激しくなっていくという事です。
では、逆に今度は、ほとんどの人が思っている
腰が思いっきり開いてだーんとスライスが出てしまう振り遅れのイメージでスイングしてみましょう。
腰が思いっきり開いてクラブが後から遅れて戻ってくるイメージです。
こういうイメージでスイングして打ってみると実は球というのは真っすぐに飛んで行ってくれます。
なので、「振り遅れているからスライスするよね」という気軽な言葉というのは実は安易に真に受けてはいけないという事なんです。

遅れてはいけないと思って、クラブを早く戻さないといけないと勘違いを起こしてしまって、
これでは逆にどんどんスライスしてしまうことになるんですね。
早くダウンスイングで打手を振り下ろして腰を止めてフェースを戻してこなければとか、
早くコックをほどいてフェースを戻してこなければという意識やイメージになってしまって、
どんどん手打ちの癖を体に覚えこませているようなものなんですね。
そして、ダウンスイングでいろいろな調整をしないといけないと勘違いを起こしてしまいます。

そして、結果的にプレッシャーのかかる場面などに弱い手打ちになってしまいます。

振り戻しのタイミングが遅かったら右へスライス。
逆に今度は巻き込んで左へのチーピン。
こういった悪循環をいったりきたりしながら、手を返すタイミングばかりを気にして練習場で頭を悩ませて球をたくさん打って自分なりのタイミングというものを探そうとしてしまいます。

振り遅れを治そうとすることによって逆にスライスを加速させてしまう打ち方になっていくわけです。

ちょっとしたタイミングの違いやちょっとした打点の違いによって、
右へスライスしたり、左へひっかけたりの繰り返し。
まともに真っすぐに飛ぶ確率が低いスイングになってしまいます。

なので、あなたが自分は振り遅れているからスライスすると勘違いしている場合は、腰の回転を止めて、ひざを踏ん張ることでクラブヘッドをスクエアに戻るように手を使ってほどいていくという動き。
これではスライスします。

ひざを踏ん張っていることによって体は腕の通り道を確保できなくなるので、
自然に腰を後ろへ引かせて腕の通り道を確保しながら、なおかつ右肘を思い切り伸ばしていきボールとの距離を作っていこうとしてしまいます。
右ひじが伸ばされていくと腕を使ってクラブヘッドを返して巻き込んでいってしまいます。
スライスを打ちたくない、振り遅れたくないという意識からこの動きに変わって今度は左へひっかけのチーピンという流れになってしまいます。
スライスの原因である振り遅れによる正しいイメージというのは
フェース面がスクエアに返ってこないことというのが正しい解釈になりますので、
この勘違いというのを改めていただけたらと思います。
再現性の高い正しい体打ちスイングというのは
「良い振りおくれ」が自然に生まれるスイングです。
なので、インパクトで腰が45度ほど開いてクラブが遅れてきて
タメが生まれますのでクラブが体に巻き付くようにダウンスイングからインパクトへ向かい、
そして、シャフトが逆しなりしてクラブフェースが勝手にスクエアに戻ってインパクトを迎えるという流れになります。
だから、再現性の高い正しい体打ちスイングというのは
「振り遅れている感じがするけど、まっすぐに飛んでいく」ということです。
最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させて、
周りのゴルファーをスコアーで圧倒したいという場合、
80台、70台を当たり前になるスイングのキモをメルマガ限定で伝授しています。
【無料メルマガ】ゴルフど素人でも半年でスコアー82を出した最速ゴルフ上達法

repoto
スポンサードリンク