スポンサードリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

今回は初心者ゴルファーから意識してやっておくと、上達が早い動きについてお伝えしたいと思います。

切り返しの時に、右の脇腹を凹ませるという。ただこれだけなんですけどね。

切り返しから右の脇腹を凹ませるためには、右肩が下がってくる必要があります。

 

ダウンスイングでは右肩は下がっていいのか?

けっこう右肩を下げたらダメだということを言われますが、右肩を下げないと、ダウンスイングで左サイドへ突っ込んでいってしまうという癖が治らない人もいます。

左へ突っ込んでいってしまうなら、思い切って切り返しから右肩を下げるといいですね。

そうすると、自然と右わき腹が凹みます。

右わき腹が凹むことで、肩が縦回転します。

そして、自然と右ヒジが右わき腹に差し込まれてきます。

この時点ですでに自然落下が起きています。

そして、右ヒジが曲がっています。

かなり右ヒジが曲がった状態で右脇腹にくっついている感じがあります。

 

そして、クラブはインサイドから下りてきます。

「右肩を下げるとダフるのでは?」と思う方が多いですが、右肩を下げて、右わき腹が凹むことで、ダフらなくなります。

それは右ヒジが曲がってインパクトを迎えることができるからです。。

そして、右肩が下がって右わき腹が凹んで肩が縦回転すると、右手首を手のひら側に折ることが、自動的にできなくなります。

右手首が手のひら側に折れないということは、左手首が甲側に折れないということです。

つまり、すくい打つ手首の動きにならないということが言えます。

思い切り右肩が下がって切り返してきて、右の脇腹が凹んでダウンスイングしてくると、右手首は甲側に折れたままインパクトを迎えることになります。

いわゆるハンドファーストで球を捉えることができるということです。

ハンドファーストが自然と発生する

でも、切り返しから左へ流れて突っ込んでいってしまったらどうでしょう?

ダフらせたくないと思っている人は、切り返しから体を左へ流して、クラブヘッドを上から球にいれようとしてしまいます。

でも、これではリリースが早くなりインパクトで右ヒジが伸びて、前傾が起きるのでかえってダフリやすくなってしまいます。

ダフリたくないのであれば、逆に切り返しから右肩を思い切り下げ、右わき腹を凹ませるようにダウンスイングしてくることに慣れることからはじめるといいです。

思いっきり右肩を下げるから、ボールが右へすっぽ抜けるのではないか?と思われる人が多いですが、大丈夫です。

左手首が手のひら側に折れている、そして右手首が甲側に折れているなら、球は捕まってきます。

だから、ゴルフ初心者のうちはどんどん右肩を下げて切り返しからダウンスイングしてきて、右わき腹を凹ませてくるように練習すると、上達の近道を辿れると思いますね。

けっこうシンプルにこの意識だけでも、球を打ち続けていくと感じを掴めてきたりするものです^^

いわゆる振り遅れているように感じて、なぜか球がつかまる。という状態になっていきます。

 

これが、いわゆるボディターンというスイングの根本であると僕は思います。

思い切って、切り返しから右肩を下げて、体の動きを止めずにダウンスイングしてくると右わき腹は思いっきり凹みます。

 

かなり右ワキ腹に圧がかかっている感じがすると思いますが、それでOKです。

「うお!今までと景色が違うぞー!」って思われると思います。

ダウンスイングの景色が変わるでしょう^^

でも、それでいいと思います。

要は右の脇腹が凹まないと、ダメってことです。

今回は以上です。

最後にあなたが、短期間でゴルフを上達させて、80台、70台を当たり前に出していきたいという場合、詳しい内容はメルマガ限定で教えています。

メルマガは無料ですのでいますぐメルマガに登録して、短期間で一気にゴルフを上達させてくださいね^^

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

 

 

repoto
スポンサードリンク