スポンサードリンク

ボールを飛ばしたいとかボールをまっすぐに飛ばしたいというのは誰もが考えることだと思います。

ドライバーを手にするとやはり遠くへまっすぐにボールを飛ばしたいという感情が生まれます。

では、この「ボールを遠くへ飛ばしたい」「ボールをまっすぐに飛ばしたい」という二つの感情がありますがゴルファーならどちらの感情を持つといいのか?

 

頭の中でどちらを優先するべきなのか?

僕の経験として両方を求めているとやはりうまくいきませんでした。

ボールを増す具に飛ばすことよりもボールを飛ばすことを考えて一生懸命やっておけばよかったと思います。

そのほうがゴルフがうまくなる近道のような気がします。

ゴルフはボールをまっすぐに飛ばすことだけを前提にすると難しくなります。

まっすぐに飛ばすというイメージは捨てたほうがいいです。

ダウンスイングは縦振りだと思います。

ダウンスイングでどういったイメージで振るかはとても大事です。

プロゴルファーの人はもともと生まれながらのボーンゴルファーだと思います。

若い時から先生や身近なプロからスイングを教わりまた、彼らのスイングを目に焼き付けてきたと思います。

そのようにして育ってきたプロに対してサラリーマンからゴルフをスタートする人では違います。

頭でスイングを作ろうとすると治すのに厄介なイメージを体に覚えこませてしまっているため生まれながらのボーンゴルファーには必要のない縦振りのイメージを作らなければならないからです。

縦振りのイメージがないとダウンスイングがどうしようもないのです。

プロとドライバーの飛距離が違うのはダウンスイングで決定的な違いがあるからです。

ダウンスイングを始動するときに「飛ばしたい」もしくは「まっすぐに飛ばしたい」と思うと決まって右肩と右手が速くボールに近づいていってしまうのです。

上体が突っ込んでいくという形ですね。

でもトッププロの分解写真などを見るとそんなことは全くありません。

下半身がアドレスの位置に戻るにつられるように両手はそのまま真下に下りてきます。

しかもそれだけではなくてその時の体勢がアマチュアとプロではあまりにも違いがあるのです。

下半身は飛球線方向を目指して動いているのに対して上半身はまだ右足の上にあるのです。

それからその位置で回転しているのです。

つまり右ひざの上で回転しているイメージです。

この感覚を練習で取り入れてスイングしてみると今までには味わったことがない気持ちの良い感覚で振りぬくことが出来ます。

 

ダウンスイングで手はボールに近づけるではなく真下に下す

 

右ひざの上で上半身を回すように意識することで、今まで手を真下に下す感覚が分からなかったのが分かるようになりました。

この感覚が生まれてからクラブを好きな方向へ振り切ることが出来るようになりました。

右ひざの上で上体が開店することにより手元が勝手に真下に落ちてくるのです。

この時に手の感覚は横から払い打つのではなく真下に下す感覚で縦振りになっています。

この感覚を身に着けるために上半身は右ひざの上で回転することです。

そうすることでボールを打ちに行く動作を抑えることが出来ますし、また下半身の始動によって両手をボールに近づけようとするのではなくて真下に下すように振るという感覚が生まれます。

つまり手は縦に使う真下に下すです。

この感覚がダウンスイングの始まりに必要となります。

 

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク