スポンサードリンク

innpakuto1

どうも、ゴルフ侍トシです。

ゴルフのスイングで腕の動きは上げたものを下す単純な上下運動です。

これを例えるなら剣道やスイカ割のように縦に振るイメージとなります。

もちろんただ腕を上げて下ろすわけではなく、腕をちゃんとローテーションさせることも必要です。

 

腕は縦、体は横

腕の動きはこの縦の動きになるのですが、体の動きは横の回転となります。

腕の縦動きと体の横の水平回転が加わったのがゴルフスイングです。

 

でも、ゴルフスイングで腕の動かし方を理解していない人が多いような気がします。

クラブを上から下に動かすという基本を知らない。

なぜなら実際にボールを打とうとするとほとんどの人がクラブを振るからです。

 

縦振りではなくて横振りをしてしまうんですね。

トップからボールに向けてクラブを引っ張り下ろそうとする動きを多くの人がやってしまいます。

これではスライスが出やすくなりますし、すくい打ちになりまます。

 

縦振りと横振りの違いは?

縦振りの場合は剣道やスイカ割のように両わきともにしまって下りることが分かると思います。

でも、それに対して横振りになると右脇を締めて振るものだと思わされる。

実際によくゴルフのレッスン書などではダウンスイングは右脇を締めて振る。

このような教えが書かれていたり、または聞いたりすることが多いでしょう。

 

でも、僕としてはこれをそのまま鵜呑みにしてしまうのはどうかと思います。

たしかにダウンスイングでは右脇を締めて下しますが、右脇を締める意識だけだと今度は左脇が甘くなります。

 

剣道やスイカ割の要領で両わきを締めて下すためには右脇だけではなくて、左脇も締める意識が必要です。

そのためには、右ではなく左脇を先に体につけるイメージが必要です。

左脇を先に体につけるイメージの方が重要と言えるでしょう。

それは、右脇に比べて左脇と左腕の方が遠い位置にあるので締めるのに時間がかかるからです。

だからそれぐらいの意識を持って振った方が縦振りのスイングの感覚を掴みやすいと思います。

 

左手は左の腰をめがけて

右ひざの上で体重移動せずにボディターンで打つと、よく言われる明治の大砲打ちになるのでは?と思うかもしれません。

 

明治の大砲とはフィニッシュで左足に乗ることが出来なくて右足よりも後方へ体重が下がってきてしまうことを言います。

まあ、俗にいう格好の悪い打ち方です。

 

しかし、この明治の大砲打ちになってしまうのは右手主導が原因です。

右手を使ってクラブヘッドをボールに当てようとするからです。

もっと言うならトップからクラブフェースを直角にボールに当てに行こうとするからです。

「直角に当てに行かないと真っすぐ飛ばないでしょ?何言ってんの?」ってあなたは思うかもしれませんが、実はこれが落とし穴です。

クラブフェースをボールに対して直角に当てたい!という意識があるあなたは残念ながらこれから先上達の頭打ちになります。

クラブフェースをボールに対して直角に当てたい意識があると、どうしても「すくい打ち」になります。

右手首をインパクトで手のひら側に折って左手首が甲側に折れてしまいやすい。いわゆる「すくう」とか「しゃくる」動きになってアイアンではダフったりトップしたり、ドライバーではスライスが出続けます。

そのため左足に体重(重心)が乗らずに結果的にフィニッシュでバランスを崩してしまいます。

右膝の上でボディターンは下半身リードで前腕をローテーションさせながらクラブを振ることです。

前腕のローテーションを知ってください。動画で僕が解説しています。

 

もっと細かく言うと左手で振ると言うよりも左手のグリップ部分を左腰のところに下してくる感覚と言ったほうがいいかもしれません。これは人によってイメージや感覚に多少の違いはあります。

 

ダウンスイングは縦振りです。

右脇よりも先に左脇を体に着けるようにして下すことが大事です。(左脇が甘い人の場合)

なので左手は左腰をめがけて空手チョップのようなイメージで使うとクラブが高い位置から低い位置に下りてきます。

 

そして左腕と手は飛球線方向へまっすぐに伸ばす感覚ではなくて体のターンと一緒に体から最も近いところを通ること。

 

こうすることによりクラブヘッドが強くボールをたたいてボールの方向性もよくなります。

 

そして、インパクトで左ひざを伸ばすことによりクラブの抜け道を確保できますし、頭を左に流すこともないのでバランスの良いスイングとなります。フィニッシュもバランスよくたつことが出来るようになるのです。

 

このダウンスイングでクラブを上から下に使う感覚を身に着けることが出来ることでゴルフが飛躍的に上達すると思います。

一方で右肩を下げてすくい打ちをしている人は一向にゴルフがうまくならないと思います。

でも、おもしろいことにコースに出ると欲が出ます。

コースになったらすくい打ちになりやすい

飛ばしてやろうとかまっすぐに飛ばしたいと思うと決まって左脇が開きやすくなります。

これは左脇を締める感覚が身についてないこともあるでしょう。

左脇を締める感覚を身につけるためにグリップを逆握りしてスイングしてみるといいです。

右打ちの人は通常左手がグリップエンド側を握って右手がクラブヘッド側を握りますが、これを逆にして握ります。

この握り方で素振りをすることにより左脇のしまりを体感することが出来ますし、クラブを上から下におろす感覚もつかめます。

そして前腕を捻じるように回転させることによって正しいローテーションを身に着けることができます。

 

この握り方ですくい打ちの感覚はよほど大げさなイメージを持っていないとできないと思います。

逆握りグリップで素振りした感覚を通常のスイングに取り入れてみましょう。

 

ダウンスイングで左脇を締める感覚を養うにはお勧めの練習方法だと思います。

逆握りグリップで素振りだけではなく実際にボールを打つ練習もよいと思いますよ。

 

まとめると、

  • ダウンスイングでは右脇よりも左脇を締めるほうが時間がかかるため右脇を締める意識よりも左脇を締める意識を持った方がいい
  • 逆握りグリップで素振りやボールを打つことにより左脇が締まるスイング感覚が養える

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

『無料メルマガ』ゴルフど素人でも半年でスコアー82を出せた最速ゴルフ上達法

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク