スポンサードリンク

etg43g344

 

プロのゴルフスイングを真似して、プロの動き通りに再現できるのはアドレスからテークバックに入りそしてトップまででしょう。

トップまでの形は真似できる。

 

でも、ダウンスイングをスタートした時点から部分的な動きに違いが生まれる。

プロの連続写真を見てそれをイメージしてダウンスイングをしてもうまくいかない。

全体のプロの動きを真似しようとしても連続写真は静止しているが実際は動いているためそれは不可能です。

では、プロのように振るにはダウンスイングでどのようなイメージを持って下してきたらいいのか?

 

イメージを作るのは右脳ですので、この右脳がどのようなイメージを持って振っているのかによってスイングが変わってくる。

 

スライスに悩んでいる初心者はどのようなイメージで振っているのでしょう?

スライスを打たないために、スライスを治すためにどんなイメージを持って振ったらいいのか?

もしも今あなたがスライスに悩んでいるなら

今から話すことを参考にしていただけるとドスライスがピタッと止まるでしょう。

 

右肩を止めて腕を思い切って振りおろす。

トップの位置に右肩を止めておく、そして左サイドのリードより両手を真下に下すように腕を振りぬいてやる。

そうすることによってボールは間違いなく捕まるようになっていくし、スライスが止まるようになる。

右肩を止めてスイングしたらフォローに向かってクラブを振りぬけないだろうと思う人もいるでしょう。

でもこれが違う。

スライスに悩んでいる人やスライスが止まらない人はこれぐらいのイメージで振ると肩を正しく使えるようになる。

 

クラブが振りきれる運動に従うように肩は回転してくれるようになっているからです。

 

右肩はトップの位置に止めて、そこから腕を振るぐらいの感覚

体の正面でボールをとらえるとボールはまっすぐに飛んでいきます。

でも、体の正面でボールを打てと言われてもなかなかできるものではないです。

自分では体の正面で打っているつもりでも、実際は体が左に大きく開いてしまっていることが多い。

 

それを矯正するために今度は左肩を止めて打てと言われる。

つまり左肩を開くなということ。

でも、それでは逆に体が開いてしまう。

体が開いてしまうと当然ボールは捕まらない。

なぜ体が開いてしまうのか?

これはダウンスイングですぐに右肩が出てきてしまうのが原因です。

 

右肩が突っ込んでしまうことや、右肩がかぶってしまうことで体が開く。

右肩が出ていく原因は打ち気にはやっているからです。

 

そうなるとクラブがアウトサイドから入ってボールがスライスになるか、もしくはひっかけになる。

 

だから、スライスが治らない人は右肩をトップの位置で止めて腕を振るぐらいの感覚が大事となる。

 

これぐらいのイメージで振ることで肩と体はようやく正しく使うことが出来るようになるのです。

 

まずスライスに悩んでいる人は右肩が突っ込んでいないかを確認することです。

右肩を我慢してトップの位置に止めておくぐらいのイメージがスライスを止めてくれる要素となることが実践してみるとわかるかと思います。

 

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク