スポンサードリンク

53u5jh5t

ダウンスイングでは左足を踏み込んで完全に体重が左へ移ってから腰を回転させると思っている人がいます。

でも、これは正しいとは思えません。

体重移動は単に左右へ移動するわけではないと思っています。

体重移動はあくまでも体がねじり上げられてそれからねじり戻しによる動きに伴い起こるものだと思います。

 

なのであくまで体がねじり上げられて、ねじり戻される動きと同調して体重の左右への移動が行われると思ったほうがいいでしょう。

 

体重を完全に左足に移してから腰のターンがはじまると考えるのにはウエートシフトを右から左へ横方向へ移動すると誤解しているからだと思います。

 

こうなると体を単に左から右へと動かしているだけです。

体を左から右へ大きくゆすっているだけです。

ダウンで体全体が目標方向へ突っ込むだけでは逆効果。パワーは生まれません。

 

体重移動は飛距離アップにおいての原動力となりますが、このように左から右へ体重を移動することは単に体を揺さぶっているだけで意味がないです。

ウエートシフトは体のねじり戻しにより自然に発生するものです。

 

僕がダウンスイングで今も重要視していることはダウンスイングは横へのウエートシフトではなくて、ねじりから発生する体重の移動が正解だと思っています。

 

そして僕がこれをスムーズに行うために実践してることがあります。

ダウンスイングの切り返しで腰をターンさせながらそれと一緒に右足を蹴る動作をプラスします。

 

右足で地面をけることによってウエートはねじり戻しと連動してくれます。

ボール位置を追い越して右ひざは左ひざへ

大抵の人はダウンスイングで混乱します。

左足を踏み込んでそれから腰をターンさせると意識すると、考えが複雑になってしまいますし、ダウンスイングの一瞬の動きの中でそのようなことを考える余裕はない。

そんなことを考えているとスイングがスムーズに行えない。

なので、切り返しでは腰をターンさせながらそれと一緒に右足で地面を蹴るという動作をプラスするのです。

 

そして、右足で地面を蹴りながら右ひざを目標方向へ右ひざをスライドさせていきます。

 

この時に注意したいことですが、右ひざは目標方向へ思い切ってスライドさせていくのです。

 

イメージとしては右ひざはボールの位置を追い越して左ひざにくっつけるぐらいのイメージで構いません。

それぐらいのイメージで右ひざをスライドさせてみましょう。

 

そしてこの右足の蹴ると寄せるという動きに同調して腰をターンさせていきます。

 

こうすることによって、ウエートシフトが左から右へただ移動するだけにならないはずです。

 

トップでしっかり体をねじり上げて、今度はそれを右足の蹴りと寄せを上手く使いながら腰のターンで巻き返していきます。

 

そうすることによって、ウエートシフトができあがります。

これが正しいウエートシフトを行うための方法です。

この動きを身につけることにより、ダウンスイングでウエートが右に残ったり、もしくは体が左に突っ込んだりといった悩みは一掃されるはずです。

 

そして、飛ばしに必要とされるスイングの土台ができあがると思います。

 

おさらいです。

ポイントは、右足つま先で地面を蹴りながら、同時に右ひざを左ひざに寄せる。

右ひざは思い切って左ひざへ寄せちゃって構いません。

 

こうすることでトップでできたねじりをダウンスイングで腰のターンと同時に下半身から巻き戻してくることが可能となります。

 

とにかく右足つま先で思い切って地面を蹴ってみましょう。

そして、次にこの下半身の切り返しの瞬間では手はまだ何もしてはいけない。

手は何もしないことが重要です。

大抵の人は手元でクラブを下してボールを強く打とうと考えます。

これだと手打ちになってしまうのです。

 

クラブは手で振りおろすのではない。

下半身から切り返す瞬間に手は何もしてないこと。

すると、腕や手、そしてクラブヘッドは腰の回転によってリードされていきます。

そうなると自然と手元は遅れて下りてきます。

 

これができるようになってクラブははじめて正しい軌道(インサイド)から下りてくるようになります。

そして、遅れてきたヘッドをインパクトゾーンでヘッドスピードを最大にしてリリースすることが出来るのです。

でも、下半身の動きより一瞬でも早く手を使ってクラブを下してしまうともう取り返しがつかない。

 

下半身の動きよりも先に肩が回転を始めます。

こうなると手が勝手にボール方向へ出て行ってしまうのです。

なのでいくらトップで肩を深く回転させたとしても手がボールの方向へ、つまり前に出てきてしまってはトップで作った上半身と下半身の回転の差がなくなってしまうのと同じことなんです。

 

こうなってしまったらアウトです。

肩と腰が同時に回転することになってしまう。

 

そうなるとインパクトでヘッドを一気に走らせることが出来ないのです。

そしてダウンスイングで右肩がどんどん前に出てきてしまう。

残念ながら完全にアウトサイドインの軌道となってしまうのです。

このようなスイングをしていたらスイング軌道は安定せずに方向性が悪くなり、また飛距離も出ません。

ダウンスイングの切り返しの一瞬です。

この一瞬でその後のスイングが天と地ほどの差に変わります。

 

 下半身から動き出す感覚を養うために

 

大抵の人は手打ちで悩んでいることだと思います。

悩んでないにしても手打ちになっている人も多いでしょう。

ダウンスイングのスタートは絶対に下半身からですが、それを頭では納得していても体がなかなかいうことを聞いてくれないのが現実だと思います。

今まで手打ちをしてきたならそれが体に染み付いてしまっているのでこの間違ったモーションはなかなか矯正するにはそれなりのトレーニングが必要だと思います。

 

出すんスイングの切り返し段階で、下半身が先に動いて手や上半身は何もしない状態を作るためにはそれをまずは全身で体感する必要があると思います。

 

そのためにおすすめのドリルとしてトップの体勢でグリップエンドを壁につけてその状態からダウンスイングを下半身からスタートするドリルがおすすめです。

この時に手元は全く動かすことなく下半身がわずかに動きます。

少し下半身を動かしただけで上下の回転差とそれに伴ってダウンスイングの時間差を作ることが出来ます。

上下の回転差を実感するにはこのドリルを実践してみてください。

これを暇な時でもいいので気長に続けてみましょう。

すると体がだんだんこの感覚を覚えていきます。

  1. 壁の左側に立ってウェッジなどを手に取りトップの形を作る
  2. グリップエンドが右側の壁につくように密着させる
  3. 右足の親指で地面を蹴りながら腰をターンさせて下半身から切り返しを行う

壁にグリップエンドがついていますから手元が動かせないため、上半身を動かすことなく下半身から切り返す感覚が養えると思います。

 

ダウンスイングの切り返しを腰のターンで行うことで体の開きが速くなって振り遅れの結果ボールが右に飛び出してプッシュアウトする人が多いでしょう。

 

でも、それは腰のリードで切り返したことが悪いわけではないです。

でもプッシュアウトやスライスが出るとやっぱり腕を振らないといけないんだと思ってしまう人がいます。

もっと腕を振らなければと思うとまた手打ちに戻ってしまいます。

だから、ダウンスイングで右肩が前に突っ込んでアウトサイドインの軌道になってしまう。

手打ちを辞めてうまくなるためには正しい体のターンとねじりを覚える必要があります。

そして、体のターンに連動して腕が振られる感覚をマスターするしか道はないと思います。

僕の思うところゴルフスイングは軸を中心に回る円運動です。

なので軸に近い体の中心になる胴体と脚にねじりとターンという動きを覚えこませる必要があります。

 

そして、腕はそのねじりとターンにより引っ張られるようにしてついてくる感覚がないといけません。

これがスイングの軌道を安定させ再現性の高いスイングを作るために必要不可欠だと思います。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク