スポンサードリンク

2a6b2193d9fcbd18a23945c5a3a8a9a9_s

ゴルフ侍トシです。
手打ちで上達する方法として、
前回、前々回からお伝えしていますが、

あなたが手打ちでもこれから100切りを目指したいという場合は、参考にいてみてください。

手打ちだからといって上達できないと思われている方も多いですが、

たしかに手打ちには限界があります。
100切りぐらい(90台後半)ぐらいまでなら
手打ちでも可能だと思いますが、やはり90切り、80切りを安定させるには
手打ちを克服しないと難しいです。
手打ちでは飛距離も方向性も安定しませんので、これはどうしてもコースに出るとリスクが高いスイングになってしまいますので、
手を返すタイミングがくるってくるとインパクトが安定しなくなってしまいます。

それでも、手打ちで何年もゴルフをしてきているゴルファーなら
僕がお伝えしていることも今後取り入れていくことで、
これまでの手打ちスイングを矯正することなくある程度は上達していけるはずです。
というわけで、手打ちゴルファーにとって一番難しいスイング中の動きであるダウンスイングについてお伝えしたいと思います。

なぜ手打ちゴルファーにとってダウンスイングが難しくなってしまうのか?
それはバックスイングでクラブを担ぎ上げるように手を使ってバックスイングしてしまいます。

 

このように手でクラブを上げていき、トップに行きますが、
そこから体でダウンスイングをしましょうと言われても、手を使ってバックスイングしていますので、
ここから下半身先導でダウンスイングしましょうと言われても、
手でクラブを上げているわけですので、体の動きだけでは到底クラブをスクエアに戻すことができません。

 

なので、ダウンスイングでは手を使ってクラブを戻してくるという動きが必然的に必要になるのです。

こういったダウンスイングでも手を使ってクラブを下してくるという動きが必要になってくるわけなんですね。

そして、このように手を使ってクラブを戻してくることによって
たいていは力みが生じてしまいますので、ダウンスイングでタイミングが狂ってしまうと
右へ左へと球が散らばってしまうという悪循環に陥ってしまいます。

 

まとめると
手打ちの場合、ダウンスイングに入ってもクラブがインパクトでスクエアに戻らないので
必然的に手でクラブを下さなければならなくなってしまいます。

 

そうなるとフェースが戻らずにとても不安定なインパクトになってしまいます。

 

では、この対処法なんですが
手でバックスイングしてしまうので、体打ちの人と同じようにダウンスイングすると
クラブフェースがインパクトでスクエアに戻らないので、スライスになったり巻き込んでフックしたりします。

 

ここで、手打ちゴルファーは必ず体の回転の動きに合わせて腕とクラブを合流させること。

この合流させるポイントというのがトップに来て
ダウンスイングで手とクラブを真下に落としていきます。

 

トップから少しでも手を使ってボール方向に引っ張ってしまったら
もうその瞬間にクラブをスクエアに戻すことができません。

 

 

なので、手元の力が抜けてしまって構いませんので、
トップからダウンスイングでまっすぐ手元を下におろしてくることです。

 

この下におろしてくる感覚と体を回転させる感覚の2つがタイミングが合って合流することによって
フェースがインパクトでスクエアに戻ることになります。

 

特に女性でスライスが止まらない人はこの切り返しのポイントでうまく
手を真下におろしてくることと体の回転を合流させることができません。

なので、男性以上に極端にトップから背中の後ろ側にクラブを下してくるようにしましょう。

 

力を抜いて手とクラブを真下におろしてくること。

 

それに体の回転が合流することによって手打ちでも方向性が安定するショットを打つことができるようになります。

 

手打ちをきわめて上達したいという場合はこのダウンスイングを意識してみてください。

続きはこちら

 

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させて、
周りのゴルファーをスコアーで圧倒したいという場合、
80台、70台を当たり前になるスイングのキモをメルマガ限定で伝授しています。
【無料メルマガ】ゴルフど素人でも半年でスコアー82を出した最速ゴルフ上達法

repoto
スポンサードリンク