スポンサードリンク

ゴルフ侍トシです。
バックスイングの意識を変えるだけで
ギッタンバッコンのスイングが治ったという
僕の持論の1つを今回は書こうと思います。

題して「頭を動かさないようにバックスイングすることで逆に軸がブレる」です。

よく頭を動かさないようにとか、
顔を動かさないようにとか、バックスイングであなたもこれらのことを
耳にしたことがあると思いますが、結論言いますと

バックスイングで「アタマや顔を動かない意識」は全く必要ないです。

逆に頭や顔はバックスイングで体の回転とともに動いていいよ。です!

バックスイングで頭を動かさないようにとか、

顔を動かさないようにとか意識したりイメージがあると
体を正しく捻転することができません。

ボールを向いている顔の面を変えないようにバックスイングしていくと
捻転が浅くなりますし、また深く捻転しようとすると
ギッタンバッコンになってしまいます。

軸を傾けないようにと思って頭や顔を動かさない意識やイメージでバックスイングしているのに、軸は逆に傾いたり、ブレてしまったりするわけですよ。
イメージと結果が真逆になってしまいます。
オーバートップとかシャフトクロスで悩んでいる場合は
バックスイングで頭や顔を固定するとか、
動かさないようにバックスイングしていくなどという意識やイメージは逆効果になってしまうので、いますぐに捨ててください。

逆に「バックスイングで頭は動いていい」

「顔は動いていい」というイメージや意識を持ってみてください。

そして、僕がバックスイングで気づいた事。
それは軸がブレないようにバックスイングするために
背骨に1本の軸を感じながらバックスイングしなさいということをよく聞きますが、
もっとバックスイングを簡単に正しく行いたい場合は、

首の付け根の襟元を上からフックで引っ張られているようなイメージを持って、

バックスイングしてみてください。
そうすることで、顔の面も自然と体の回転に沿って右を向くようになりますので、
トップでオーバートップやシャフトクロスも矯正する効果があります。
首の付け根の襟元を上からフックで引っ張られているようなイメージです。

このイメージを持つだけでも顔や頭というのは自然と動きますので、
正しい捻転のできたバックスイングからトップの動きを作ることができます。
ゴルフスイングというのはバックスイングはとても大事です。

バックスイングで正しく動くことにより、その後のスイングも正しく動けるかどうかというのも決まってきますので、スイングの初期動作であるテークバック、バックスイングというのは大切です。

あなたがギッタンバッコンが治らないとか、
軸ブレが治らないとか、
オーバートップ、シャフトクロスが治らないとか、
このようなお悩みがあるならぜひバックスイングで首の付け根の襟元を上からフックで引っ張られているようなイメージを持ってみてください。

 
最後にあなたが、短期間で一気にゴルフを上達させて

周りのゴルファーをスコアーで圧倒したいという場合、
再現性の高い正しい体打ちスイングを作る方法はメルマガ限定でお伝えしています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク