スポンサードリンク

6fa35fadbdf4d78146f6b8771505b570_s

 

お世話になります。

ゴルフ侍トシです。

前回は「頭を動かさない意識は必要ない」ということをお伝えしました。

あなたが今よりももっと飛距離を伸ばしたいという場合、
自分の最大飛距離を出したいという場合は、

テークバックからバックスイングで頭を動かしてください。
もっと積極的に上体を自由に動かしてください。

頭を動かすなというアドバイスを鵜呑みにしてしまうと、
バックスイングで体の回転(捻転)が浅くなってしまいます。

そして、頭を動かさないようにすると、
顔の面を動かさないようにしてしまいます。

顔の面をボール方向へ向けたまま
アドレスの位置をキープしようとしても
バックスイングで体を十分捻転させることはできません。
そういった意識というのは一切必要がなくて、
右ヒザの角度をキープすることを考えることです。

ダウンスイングで体が突っ込み人などはテークバックで上体の回転が浅いので
フェースを戻す時間の余裕が少ないので
どうしても体が突っ込んでしまいます。

また、上体の回転(捻じれ)が浅いことによって、
それを補おうとしてトップ付近では、スイング軸が左へ傾いてしまう。

いわゆるギッタンバッコンとかリバースピポットと言われる動きになってしまいます。

このようにすくい上げるような打ち方になってしまったり、
また体が突っ込んでいくダウンブローになりやすいです。

上級者やプロのバックスイングを見てみると分かりますが、

顔の面というのは動いています。

上体が回転することで、顔の面が右を向いていきます。
でも、頭を動かすなと言われたり、聞いたりしたアマチュアの場合の多くが

バックスイングで頭が動かないので顔の面が正面をキープされたままになってしまい

その結果、スイング軸が背中側ではなく顔側になってしまって
トップがとても窮屈な形になってしまいます。

体の正面から腕や手元が離れてしまい、
腕が背中側に回り込んでしまいフトコロがつぶれたトップになってしまっている人が多いです。

そして、飛球方向に対してクロスシャフトのオーバートップになっているなど。

これは頭を動かさないようにして
顔の面をキープしようとすることで、
十分に体を捻じることができなくなり、結果的に腕や手でクラブを振り上げてしまい
リバースピポットやギッタンバッコンと言われるスイング軸が左へ傾いてしまい
ダウンスイングを腕や手元でクラブを引っ張り下ろしてきてしまう手打ちの動きにつながってしまいます。

頭を動かさないようにするという事だけを意識することで、
このように正しいバックスイングで上体を捻転することができずに、

どんどん悪い方向へいって、結局手打ちになってしまい

球が飛ばない、飛距離不足という結果になってしまっている人が多いです。

あなたもそうならないために、改めて「バックスイングで頭を動かさないようにすることは逆効果」であるということを覚えておいていただきたいです。
最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させて、

当たり前にスコアー80台、70台を出していくために

再現背の高い正しい体打ちスイングを作る詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。
ゴルフ侍トシの無料メルマガ
メルマガではブログには書けない濃い内容も配信しています。

repoto
スポンサードリンク