スポンサードリンク

お世話になります。

 

ゴルフ侍トシです。

今回も再現性の高いスイングを作りたいという方のために、有益な情報をお届けします。

 

というわけで、今回のテーマは【飛距離をアップさせるテークバックの始動で右ヒジを伸ばしたまま】を意識です。

 

再現性の高いスイングで飛距離アップするために、テークバックでいきなり右ひじを曲げないようにしましょう。テークバックでいきなり右ひじを曲げてしまったらクラブヘッドをインサイドに引っ張りこんでしまいます。

 

こうなるとシャフトプレーンよりもクラブヘッドがインサイドに上がっていきますのでトップではフトコロが潰れたトップになってしまいます。

テークバックの始動でほとんど決まる

再現性の高いスイングを作るために、まずはテークバックの動きから気を付けてみてください。

また、テークバックでは腰はできるだけ固定します。

腰を動かしてはいけない。という意識を持つ方がいいです。

腰を積極的に回そうとする人が多いですが、テークバックで腰を回しすぎてしまうとオーバートップになってしまう原因となります。

こちらの動画で確認しておいてください。

ゴルフスイングを決める重要な部分としてテークバックを見落としがちな人は多いですね。

テークバックは非常に重要です。

スイングの始動から間違って動いてしまっている人はその後間違いをどこかで修正しないといけないのですが、これが一瞬のスイングの動きの中では無理に等しい。

アマチュアの多くがテークバックをインサイドに引きすぎて、クラブヘッドをインサイドへ引っ張り込んでしまっています。

多くのアマチュアにこの癖が見られます。

ほぼ8割の人がテークバックでクラブヘッドをインサイドへ引っ張り込んでしまっています。

 

これでは、いくらダウンスイングの動きなどを知って意識しても意味がありません。

まずはテークバックの動きを整えることの方が先です。

動画でお伝えしているのは飛距離アップするために右ひじを曲げずにテークバックしてください。ということですが、右ヒジを曲げずにテークバックをすることによって、クラブヘッドをシャフトプレーンよりも極端にインサイドへ引っ張り込んでしまうという事がなくなります。

 

飛距離をアップさせるとともに、再現性の高いスイングを作るために、この基本部分はしっかり押さえておいてほしいと思います。

 

このテークバックが意識しなくても正しくできるようになるまで練習することが大事。

ちなみにシャフトプレーンが分からないという場合はこちらの動画でご確認ください。

アドレスしたときのボールとシャフトを結んだラインの事をシャフトプレーンと言います。

 

スイングを真後ろから見たとき、このシャフトプレーンの下を通ってクラブヘッドが上がっていく場合はインサイドに引っ張りこんでいる証拠です。

 

こうやって練習場で後方からスイングを撮影して、自分のスイングがどうなっているのかを確認しながら練習を行うことが大事です。

自分がイメージや意識してやっている動きとは裏腹に全く違った動きになっているという事はゴルフの場合よくありがちなんです。

自分のスイングを見て確認しながら練習することで、上達のスピードも上がりますし、自分のスイングの課題を見つけることができますので無駄に球数ばかり打って上達できないということもなくなります。

 

あなたがまだミスショットが頻繁に出るとか、自分のショットの自信がないとかという場合は、スイングに再現性がないということが言えます。

まずはスイングを撮影して確認してみましょう。

 

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させて、当たり前に80台、70台でラウンドしたいという場合その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

飛躍的にゴルフが上達する方法になりますのでお楽しみください。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク