スポンサードリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

今回はアドレスからテークバックでのワンポイントです。

再現性の高いバックスイングをするために、アドレスからテークバックの始動の前にクラブを地面から少しだけ浮かせることについてお伝えしています。

 

これけっこうやってみたらバックスイングで腕とクラブと体が一体化してバックスイングできるようになりました。というご報告をいただきます。

プロや上級者はアドレスからテークバックを指導する前に、クラブを地面から少しだけ浮かせています。

フォワードプレスを入れる人もいますが、動画でお伝えしていますように、少しだけクラブを地面から浮かせてテークバックを始動してみてください。

 

こうすることによって、アドレスからテークバックでいきなりグリッププレッシャーが変わってしまうという事がなくなりますので、バックスイングで腕や手でクラブを振り上げるという事もなくなります。

また、グリップをギュッと握ってしまうという場合はこの少しだけ地面からクラブを浮かせてテークバックするという事でスムーズにテークバックをスタートさせることができるというメリットがあります。

また、クラブを地面にべたーっとつけてアドレスしている場合、多くの人がアドレスで地面にクラブを押し付けるように力を入れてしまっていたり、逆にグリップがゆるすぎてテークバックの初期段階でゆるゆるのグリッププレッシャーからいきなり力が入ってしまいますので、どうしても体とクラブのワンピースでバックスイングを行うことが難しくなります。

バンカーショットのように地面にソールをしないで少しだけクラブを地面から浮かせてスイングを始動することによって、アドレスでのグリッププレッシャーも適度な握り加減になりますのでグリップがゆるゆるすぎからのグリップが圧が強くなるということもなくなります。

僕も昔はクラブを地面にぺたーっとつけた状態からテークバックをしていたころはどうしてもグリッププレッシャーが不安定でテークバックの初期段階で腕に力が入ってしまっていたのでバックスイングで無駄に力んでしまっていたりしていました。

これではスイングの再現性が下がってしまいますので、コースでいきなりやろうとするのではなくて、まずは練習で無意識になれるまで反復されることをお勧めします。

 

アマチュアの多くが地面にべたーっとクラブを付けたままの状態からテークバックを始動しています。

ドライバーはティーアップしているので地面からクラブを浮かせてテークバックしている人はいますが、アイアンでも同じように少しだけ地面からクラブを浮かせておいてテークバックするとバックスイングで悩んでいたことがすんなり解決できたという方も多いのであなたも試しにやってみることをお勧めします。

ちなみにアプローチでも僕は少しだけ地面からヘッドを浮かせてテークバックを始動しています。

最後にあなたが短期間で一気にゴルフが上手くなりたいという場合、その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

再現性の高い正しい体打ちスイングを作る詳しい方法になります。

僕がゴルフを始めてわずか半年でスコアー82を出したスイングのキモの部分などもお伝えしていますのでお楽しみください。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク