スポンサードリンク

最近更新サボってしまっていました(^_^;)

というわけで、今日からまた更新再開です。

 

昨日はゴルフコンペの飲み会で二日酔いが抜けない今日この頃です。OMG

 

今日はテークバックについて話していこうと思います。

ゴルフスイングでもっとも重要と思っていいかもしれません。

テークバックのはじまりですが、体の回転でクラブを上げていくことはいいのですが、

その際によくありがちなパターンがアドレスした左手の甲が空を向けてあげている人がいます。

左手の甲が空を向いてあげていくとクラブフェースは開いて上がっていきます。

アドレスの状態でスクエアにセットしているクラブフェースをテークバックのときにいきなり開いてあげることによりインパクトでフェースが戻りきれずに開いたままインパクトを迎えることになります。

 

そうなるとお分かりの通りボールが右に打ちだされて右に曲がっていくスライスとなりますね。

 

このテークバックに気を付けてほしいのです。

 

プロのようにインパクトでフェースを戻せる人はアマでは難しいと思います。

 

テークバックの初期動作は手元からスタートしますがこのスタートの段階で左手の甲が空を向いたりまたは正面から見た時に左手の甲が見えてしまうとクラブフェースは開きますのテークバックの初期で左手の甲は地面を向けるようにテークバックすることがポイントです。

 

左手の甲を地面に向けるイメージでテークバックすることによって、フェースを開くことなくテークバックすることができます。

 

この初期動作を実践してみることをおすすめします。

 

テークバックの時点でクラブフェースを開いてしまう癖がある人はアドレスした左手の甲を地面を向けながらテークバックすること。

そうすることでフェースが開くのを防ぐことができます。

 

これはドライバーでもアイアンでも同じことです。

ボールのつかまりが悪い方やスライスする方はこの意識をもってテークバックを正しく上げる癖をつけることが大事です。

 

そもそも、スイングで悩んでいる人の多くがこのテークバックの初期動作から間違った動きをしていることが多いです。

 

初期動作が間違うとその後のスイングで修正することは難しいです。

まずは基本に忠実に初期動作から自分のスイングを見直すことも大事ですね。

 

aaaaaaa

 

上の画像が正しいテークバックです。

クラブフェースが開いていないため、腰の高さぐらいまで上げた時にフェースの向きはアドレスの前掲角度と平行になっています。

 

悪いのが以下の画像です。

左手の甲が空を向いてしまうとこのようにフェースが開いてあがります。

クラブを手元で操作しようとしている人に多く見られます。

aaaaaaa1

 

こうなるとインパクトでフェースが開いて戻ることになりますので球筋が安定しません。

また、手元で振りに行く癖がつくとアイアンではダフりやトップにつながります。

ドライバーでは右に大きく曲げるスライスにつながりますね。

まずは、テークバックの正しい上げ方から体に癖づけさせることが大事なのでテークバックでシャフトが地面平行になる時点まで上げたらいったんそこで動作を止めてフェースの向きを確認する練習をしてみましょう。

 

フェースの向きが前掲姿勢の背骨と平行になっているかを確認することです。

これができるようになるとその後のスイング動作もよい方向へ動いてくれるようになります。

 

プロでも練習でテークバックの上げ方には気を配っています。

ダウンスイングやインパクトやフォローを考える前に、まずはこの正しいテークバックの形ができているかを確認することが大事ですね。

 

なので、テークバックでクラブフェースが開いて上がりやすい人は左手の甲を地面に向けるイメージで上げていくことを意識してみてください。

 

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

『無料メルマガ』ゴルフど素人でも半年でスコアー82を出せた最速ゴルフ上達法

repoto
スポンサードリンク