スポンサードリンク

apurotige2

どうも、ゴルフ侍トシです。

 

福岡の自宅からです。

今回もあなたのゴルフ上達のために有益な情報になれれば幸いです。

ということで、今回のテーマは【コンパクトなトップを作るコツ】についてお伝えしていきます。

今回は若手プロで人気の高い大西葵プロのコンパクトなトップを作るコツについてです。

大西プロは両脇で挟んだボールを落とさないトップを作るようにと言っています。

イメージ的には両手が右耳の横で止まるくらいがコンパクトなトップと言う事ですね。

 

そして、実際はもう少し上がってもOKというのが大西プロが言うコンパクトなトップです。

 

オーバースイングの人は意識してももっと大きく振りかぶってしまうのでこの感覚的な擦れを直すためにこのボールを両腕で挟んで落とさないという練習がおすすめという事です。

 

コンパクトなトップでも飛距離はほとんど変わらない

トップが大きくなりすぎるオーバースイングはボールが曲がってしまう大きな原因という事です。

 

大西プロもトップをコンパクトにしたら飛距離は変わらないのに方向性がアップするのを実感したそうです。オーバースイングの悪いところは「右サイドが伸びたり手やクラブが体から外れる」ことによって、「クラブをスムーズに振り戻す事ができない」という結果になってしまいます。

 

そうすると結局正しい軌道から外れることになります。

 

こう言った悪循環に陥ってしまう人って多いです。

ヘッドスピードが上がらなかったり、ミスヒットしてしまうので飛距離も方向性も良くなってくれません。

コンパクトなトップを作るには手先でクラブを上げることなく体を大きく回すことになります。そして、両手が右耳の横に来たところが振るトップの形になると大西プロ言います。

 

でも、これぐらいを意識しても実際はそれ以上に上がってしまうという人がほとんどです。

コンパクトを意識しても大きく上がってしまうという人は手やクラブの位置を気にするよりも腕の中にボールをイメージするのが効果的で、アドレスで仮想のボールを両腕で挟んだら、その仮想のボールを落とさないようにクラブを上げていくという事を意識してみてください。

 

手元や腕の運動量が体の回転よりも多くなるとひじが曲がりすぎたり浮いたりするので、仮想のボールは落ちてしまう。

なので仮想のボールを落とさないようにバックスイングをして落ちそうな形になったらそこで止めれば自然にコンパクトなトップができるようになりますからね。

 

両腕でボールを挟んでいるイメージを持つということで両腕の感覚を変えずにバックスイングをしていくということが今回のポイントになります。

あなたが方向性を重視してコンパクトなトップで飛距離を落とすことなくスイングを作っていきたいという場合は参考にしてみてください。

最後に、あなたが短期間でゴルフを上達させいたいという場合、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書いてない濃いゴルフノウハウも配信しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク