スポンサードリンク

トップで左に体重が乗って、ダウンで右に体重が乗るギッタンバッコンになっている人の矯正方法を紹介したいと思います。

 

トップで左に体重が乗るという事はかぶった形になっているのです。

このトップを矯正するにはアドレスで左足カカトより左にボールをセットしていると思います。

そのボールを右上から見るようにすることはこれまでこのブログを読んでいただいている人は知っていると思います。

そして、この右上からボールを見るアングルを変えないことが一つの矯正法となります。

そして、もう一つの方法としましては頭を右足の上に乗せるぐらいの気持ちで思い切って体重を右に動かしてしまう事。

こうすることによってトップではボールを右横から見るぐらいの形になると思います。

このボールを右横から見るぐらいの形が望ましいです。

そして、トップで意識するのは頭だけではないという事です。

左肩も同時にボールの右側に来るようにします。

つまり頭と左肩をボールから遠ざけるようにバックスイングをするのです。

こうすることでトップでかぶった形になっていた人は、よくトップで頭と左肩がボールの上に覆いかぶさるようなトップになっていたと思いますが、頭と左肩を少しでもボールから遠ざけることを意識することによって最初は相当右にスエーしてしまった感じがするかと面ます。

 

でも多少スエーしてしまったとしても、かぶったトップよりも右へスエーするほうがよっぽど健全なスイングなので安心して良いと思います。

また、実際に本人が思っているほどスエーはしていないと思います。

それでもどうしてもスエーが気になるという場合は、頭と左肩をボールから遠ざけるようにして右へ動かすときに右ひざだけは絶対に動かさない意識を持ってバックスイングをしてみるといいと思います。

 

上体がいくら右へ動いたとしても、右ひざさえ右に流さなければ回転軸が右にスライドしてしまうことはないと思います。

そうすることによって安心して頭と左肩をバックスイングでボールから遠ざけることが出来ると思います。

トップが左にかぶってギッタンバッコンになってしまっている人は右ひざ固定で固定した右ひざの上に頭と左肩を持ってきてトップを作るぐらいの気持ちで良いと思います。

 

思い切って頭を右足の上に乗せるぐらいの気持ちでボールから遠ざけてみましょう。

右ひざは固定したままをお忘れないように。

 

 

肩を深く入れるためにヒールアップしてもOK

トップで優先することは右ひざを動かさない固定するということ。

そして、上体をねじり上げていく。

 

近年はこのようなレッスンが主流になっているみたいですね。

一昔前はニーアクションを積極的に使いヒールアップも全然あり!というアメリカン打法が流行っていたみたいですが、最近は下半身をできるだけ暴れさせないといった静かなスイングが主流になっていると思います。

 

でも、体格で日本人よりも勝る欧米人などに比べると小柄な人間が下半身をできる限り固定することに意識を向けていたら肩を十分に捻転させることが出来ません。

僕はできるだけ左ひざを右にスライドせずにバックスイングをしようと思っていますが、実際は自分がイメージしているよりも左ひざははるかに右にスライドしています。

 

つまりスタンスの内側に動いたトップとなっているのです。

 

これは僕自身ひざを積極的に動かしているわけではないのですが、自分がイメージしている膝の動きよりははるかに動いているのが分かります。

でも、これは肩をしっかり回そうと思った結果こうなったのであって、十分に深く回った方の回転に引っ張られるようにして左ひざが内側に動くことはいいと思います。

 

そして同じくヒールアップも多少行われているのです。

自分でヒールアップしている意識はありませんがこれが自然と行われています。

 

理想を言うなら左ひざをスタンスの内側に入れない方がいいのかもしれないし、ヒールアップもしない方がいいのかもしれません。

でも、それは欧米の人やプロの体格や筋力や柔軟性の兼ね合いもありますし、アマチュアの人は一般的にトップで肩の入りが浅い人が多いので無理に下半身を固定する意識は持たない方がいいのかもしれません。

 

逆に積極的には下半身を使おうとする意識は必要ないと思いますが、肩を深く十分に回転することを一番に考えてこれを優先したほうがいいと思います。

 

なのでヒールアップしてでも肩を深く入れたほうがパワーを貯めることが出来ると思います。

その結果飛距離アップにつながると思います。

 

また、近年のレッスンの中でもう一つひっかかるものがあります。

それはトップでの右ひじの位置と右脇に関してです。

ゴルフが好きなら誰もが知っているニクラウスですが、彼が全盛の時代はアメリカン打法が主流でした。

これはアップライトなスイング軌道が良しとされていました。

 

でも、その後はフラットスイングの傾向が強くなってトップの手の位置を低くする方向へレッスンのトレンド移行していきました。

 

でも、このフラットスイングの影響によってトップで右ひじを脇につけようとする人が多くなったと思います。

でも、このようにトップで右ひじを体につけて脇を締めてしまうとヘッドスピードを上げることが出来ないと思います。

 

ダウンスイングではねじった体を下半身から巻き戻すように動かすのが基本です。

 

つまり下半身、上体、腕、クラブの順番で巻き戻ってくるわけです。

 

でも、この時にトップで右脇をしめていると上体の動き、それから手とクラブの動きの間に時間差を作りにくくなってしまうのです。

54y54u545u4

 

これに対して右脇をあけておくと下半身から切り返した時にグリップエンドを真下に落とすようにして脇をしめることで、腕とクラブを遅らせて下すことができる。つまり間ができるわけです。

 

なので、最初から右脇をしめているのと開けているのとでは全然違いますし、開けておくことでダウンスイングの切り返しの時に右脇を締めるという動作が加わるので先端のクラブヘッドを遅らせてくることが出来ると思います。

 

なので自然とダウンスイングの中で時間差を作ることが出来るわけです。

そしてこの遅れたヘッドがつくるタメをインパクトゾーンで一気にリリースすることが出来ると、それだけでヘッドスピードを増すことが出来るのです。

なので、トップの右脇は締めているより開けておいた方が良いと思います。

ダウンの切り返しの一瞬の間を作ることが出来るため、トップでの右脇は開けておくことをお勧めします。

 

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク