スポンサードリンク

6fa35fadbdf4d78146f6b8771505b570_s

ゴルフ侍トシです。
今回もあなたのゴルフ上達に役立てていただけたらと思います。

今回も手打ちと体打ちが混ざっているタイプの人が上達するためのコツをお伝えしたいと思います。

 

 

球を遠くへ飛ばすために体をしっかり回転させる必要があるのですが、手打ちゴルファーの場合はつっ立った形のアドレスが多いです。

 

このつっ立った形の場合、体を回転させることが難しくなります。

 

 

このつっ立った形の場合では腕を振ると体を無理に回転させようとします。

 

 

こうなると体が回転できる構え方ではなくなってしまいますので結果的に動けるところ、例えばヒザを前後に使ったりですね。

 

 

これによって結果的に体があおってしまって、クラブもあがってきませんので、また手を使ってクラブを上げる動きが入ってしまいます。

 
こうなっていってしまったらクラブヘッドというのは余計に返らなくなってしまいます。

 
そして、結果的に手打ちをしたいたことに比べてもさらにひどいエラーになってしまうわけです。

 

 
上体が起きたままの構えで体を回転させようとしてしまったら、腕を前後に動かしてしまいます。

 

 
結果的にクラブがあおってしまうのでスライスが出てしまいます。

 

 

または手を返しすぎて引っ掛けというミスが出てしまいます。

 

 
体を返してクラブヘッドを返すことをしっかり行うためには、やっぱり骨盤が回転するか幾度を持つ必要があるという事です。

 

 
そして、実際に骨盤が回転する角度というのは前傾を入れてあげるわけです。

 

 
こうしない限り左右についている股関節が稼働せずに結果的にはミスになってしまいます。

 

 
なので、アドレスでは前傾姿勢を作ることはとても重要なポイントになります。

 

 

まずは腰にシャフトを置いてそこを基準に腰をまずは曲げてそこから膝を曲げていくという手順の方が多いですが、でも、この手順で構えてしまったらやっぱり腰というのは痛めやすくなってしまいます。

 

 

ですので、必ず骨盤を前傾させること。

 

 

そして、腰を真下にスーット落としながら膝もまげつつ「ごめんなさい」という形になります。

 

 
軽く会釈するような感覚ですね。

 

 

この感覚で構えることによって、体が正しく回転できるアドレスが取れることになります。

 

 
女性の場合もクラブが長くなっているにもかかわらず平均身長が男性に比べると低いですので、体が

つっ立ったままっで膝だけ曲げている人がとても多いです。

 

 
なので、腰と膝の両方を曲げてボールから離れて立つという事が大事ですね。

 

 

正しい前傾姿勢の順番としてまずはこれを意識してやってみてください。

 

 

こうすることでスイングを正しく作ることになりますからね。

 

 

みぞおちをしっかり右へ向けることで正しいバックスイングができる

バックスイングでみぞおちを右へ向けることによって正確な捻転ができます。

みぞおちというのは実際には30度しか稼働しません。

 

その動かないみぞおちをバックスイングで右へ90度向ける意識です。

 
そもそもみぞおちというのは実際に30度しか動きませんので、90度動かそうと思ったら残りの60度を下半身が補おうとするわけです。

 

 

なので、結果的に下半身から先に動いたスイングができるようになるわけです。

 
これによってしっかりとした捻転差ができるわけですね。

 

 
女性の場合は手を上げて下げてでスイングしているように見えます。

 

 
つまりクラブを担ぎ上げているというわけですね。

 

 

そういった人がみぞおちを右へ向ける意識でバックスイングをすると

 

 

手がものすごく低い位置にあるような気がします。

 
そして、これでは当たらないのでは?という気になってしまうことがあるでしょう。

 
でも、この感覚で振ることが一番体を使って振るという事になるのです。

 

 

というわけで、あなたも怖がらずにぜひトライしてみてください。

 

 
最後に、あなたが短期間でゴルフを一気に上達させたいという場合その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

 

メルマガではブログには書いてない濃い内容を配信しています。

 

 

またあなたが当たり前に80台、70台を出していくために再現性の高い正しい体打ちスイングを作る方法もお伝えしてますのでお楽しみください。

 

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク