スポンサードリンク

ゴルフ侍トシです。
今回もあなたのゴルフ上達のためによろしくお願いいたします。

 
といわけで、今回のテーマは【息を吐きながらバックスイングでオーバートップを克服】です。

 
バックスイングでオーバートップになってしまうという場合、
色々とあなたも改善策を求めて練習されていると思います。

 

 

バックスイングでシャフトクロスやオーバートップを克服するために、

 

「トップの位置はここまでで・・・」
「腕はここまで上げて・・・」
「早めにコックを入れて・・・」
「体を捻転するのにここまでヒネったらダメだ・・・・」

 
色々とあなたもバックスイングでオーバートップを克服するために
試行錯誤されていると思いますが、実際にバックスイングですぐに
そして簡単にオーバートップを克服するために

僕が先日からお伝えしているように

スイング中は息を吐き続けること。を実践してみてください。

 

 

バックスイングで息を吐き続けることによって、
これだけでオーバートップを克服できたという人は多いです。

 

 

また、オーバートップになってしまっている場合

バックスイングで息を逆に吸い込んでいる人がほとんどです。

 

 

息を吸い込みながらバックスイングしてみてください。

 

 
すると上体が起きやすくなるのが分かると思います。

 

 
アドレスで前傾していますよね?

 

 

そこからバックスイングで息を吸いながら動いてみてください。

 

 

前傾姿勢が起き上がりやすくなるという事を実感できると思います。

 

 

そして、前傾角度が起きてしまったら?

軸ブレしやすくなります。

 
軸が左へ傾きやすくなってしまいます。

 
その結果、実際のスイングで遠心力が働きますので、
息を吸いながらバックスイングを上げていくと思いのほかオーバートップになってしまいやすいという事。

 

 

そして、逆に息を吐きながらバックスイングを上げていくと
息を吐きながら上げていくわけですので、
前傾が伸び上がるということがありません。

 
そのため、無理に体をヒネろうとする動きも入りませんので、オーバートップの矯正に効果的だという事が分かると思います。

 

 

スイング中は息を吐き続けます。

 

 

スイング中に息を吐き続けることによって、バックスイングで力んでオーバースイングになるなどというエラーも克服できます。

 

 

あなたが上手くなりたいならバックスイングで息を吸うのではなく、
息を吐きながらバックスイングしてください。

 

もちろんオーバートップになってしまう原因として
腕でクラブを振りかぶるように上げていると言こともありますが、
前傾が起き上がってしまうというエラーを防ぐことは息を吸い続けるから「吐き続ける」ことに変えるだけで克服する効果が期待できます。

 

 

アドレスからテークバックに入る動き出しの時からスイングの終了であるフィニッシュまで息をずーっと吐き続けることによってオーバースイングというミスも克服出来る効果があるという事を知っていただけたらと思います。

 

 

そうすることで、バックスイングで力まないオーバートップにならない正しい動きを体で覚えることができるようになりますよ。
最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させて、

80台、70台を当たり前に出していきたいという場合、
その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではサイトには書けない濃い内容をお届けしています。
ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク