スポンサードリンク

ゴルフ侍トシです。
今回もあなたのゴルフ上達のためによろしくお願いいたします。

 

というわけで、今回のテーマは【バックスイングで右足の土踏まずがめくれるエラーを克服】です。

 

よく多い傾向としてバックスイングで右足の土踏まずがめくれてしまっている人が多いです。

とくにゴルフ初心者の方に多い傾向です。

 

 

バックスイングで右足の土踏まずがめくれてしまったらどうなるか?

試しにやってみたらわかると思いますが、右足の外側に体重が乗ってしまいます。

 

 

そして、右ヒザというのは右へ流れてしまいます。
右ヒザが右へ流れることによって、腰も右へ流れてしまいます。

 

これがバックスイング右へスエーしているという状態です。

 

 

これに本人が気づいていない人って結構多いんですよね。

 

 

よくバックスイングで右足に体重を乗せようと思ってバックスイングをしているとゴルフ初心者の場合は右足の内側がめくれてしまいやすいです。

 
結果的に右へスエーしてダウンスイングで今度は左へスエーするという動きになりますので、これではまともに球に当たってくれません。
当たってくれたとしても方向性が安定しません。

 

左右の球が散らばってコースではまともにゴルフにならない状態に陥ってしまいます。

 
右足の土踏まずがめくれてしまうと右ヒザが右へ流れて、右腰も右へ流れてスエーしますので、体を正しく捻転することができません。

 
そして、トップでは左足に体重が乗ってしまういわゆるリバースピポット(ギッタンバッコン)になってしまいます。

 

 

このサイトではバックスイングの重要性を何度もお伝えしていますので、あなたは重々お分かりかと思いますが、右足の土踏まずがめくれるようにバックスイングしていることに早く気付ければいいですがそれを気づかずにそのままにしておくと悪い癖になってしまいます。

 
こういう人はバックスイングでアドレスで右ヒザがゆるやかに曲がっている状態をキープするようにバックスイングしてみてください。

 
バックスイングで右膝を伸ばして使わずに曲げたままをキープすることです。

 

 

また、スイング中に体重移動などの意識を捨てることです。

 

 

体重移動をしようと思って右へ乗ろうとすると右足の土踏まずがめくれやすくなりますので、体重移動という考え方を捨てて、体を捻じるという考え方に変えてみてください。

 
「右ヒザ不動のバックスイング」を意識してください。

 

 
また、バックスイングでこういったミスをしないために、アドレスしたときに足の指でグっと地面をグリップするように足指を使ってみてください。

 
そうすることによって、バックスイングで無駄に右へスエーしてしまうということもなくなってきます。

 

 

バックスイングで右足の土踏まずがめくれてしまってスエーするとアイアンではダフリやすくなりますし、ドライバーではダウンスイングで今度は身体が左へスエーする動きになりますので振り遅れてスライスすることが増えてきます。

 
右足土踏まずがめくれてダフリやすくなる意味はこちらを見ていただければ写真付きでお伝えしているので分かりやすいと思います。

 

 

体重移動を意識するとこのようにバックスイングで右足の土踏まずがめくれてしまうという人が多いです。

 

こういう場合は、背中側の首の付け根から腰にかけて真っすぐに1本の軸をイメージしていただいてスイングすることをお勧めします

 

 

まずはスエーという軸ブレが直らないことにはスイングは絶対に良くなってくれませんし、方向性も飛距離も安定しません。

 

ゴルフを始めた当初の僕もバックスイングで右足の土踏まずがめくれあがっていました。

 
そのため、軸が右へ移動してただスエーしているだけの状態で体を正しく捻転できていなかったので球に体の力が伝わるインパクトができずに苦しんだ時期があります。あなたにはこうなってほしくありませんので、ぜひ右足の土踏まずがめくれることのないように正しく体を捻転していきましょう。

 

 

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいという場合、
80台、70台を当たり前に出していくことができるスイングを短期間で作れる詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。
ゴルフ上達ノウハウ垂れ流し無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク