スポンサードリンク

どうも僕です。

ゴルフ侍トシです。
今回はバックスイングで大事な左肩の動きについてお伝えしています。
左肩をバックスイングで低く入れていくという事をお伝えしています。
「なにそれ?」
「どういうこと?」
ってあなたが思う場合はご確認くださいね。
バックスイングで左肩を低く入れていくことによって肩を横に回転できなくするという効果があります。

ゴルフスイングは肩を横回転しているといつまでたっても球筋の方向性も安定しませんし、ミート率も上がりませんので、ぜひ肩の横回転をしてしまっているという場合は、確認しておいてください。
この左肩のバックスイングの動きは強い選手に共通している動きです。

 

 

バックスイングで左肩を低く入れていくという意味が動画を見てわかってもらえたでしょうか?
バックスイングで左肩を低く入れることによって、軸がブレにくくなります。
軸がブレにくくなりますし、肩を横回転することができないので、自然とインパクトが点からゾーンに変わります。
インパクトが点からゾーンに変わることによってミート率が上がります。
これはあなたも分かると思いますが、点からゾーンに変わることによって、ミート率が上がるということは同時に平均飛距離もアップするという事になります。

左肩を低く入れていくことによって、このようにスイングにおいてメリットになりますし、またスイング軌道が安定することによってミート率が上がる。
スイングの再現性が高まります。

あなたが目指されている再現性の高いスイングをするためには、肩の回転というのは横回転ではなくて、どちらかというと縦回転になります。

意識して肩を縦に回そうとすると多くの人が右肩が下がり過ぎてしまってうまく行きません。

肩を縦に回そうとするのではなくて、バックスイングで左肩を低く下げる感じでバックスイングすることによって自然と肩というのは正しく回転するようになります。

 

これからスイングを作っていく場合、肩の回転が正しくできているかどうかというのを確認してみてください。

肩が正しく回転してくれると腰も自然と正しく回転するようになります。

 

腰を正しく回転させようと思うよりも肩の回転を正しくする方が上達が早いです。

 

あなたもまず方の回転が正しく行えているかを確認してスイングを作っていってほしいと思います。

 

最後に、あなたがこれから短期間で一気にゴルフを上達させて当たり前に80台、70台を出していきたいという場合、その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフ上達の秘訣を垂れ流しにしていますのでお楽しみください。
ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク