スポンサードリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

福岡の自宅からです。

メールでバックスイングの上げ方を詳しく教えてほしいという要望がございましたので、今回はおさらいの意味も込めて、バックスイング矯正ドリルをご紹介します。
↓↓↓

スイングの動き出しのテークバック、バックスイングってかなり大事です。

ここで決まると言っても過言ではないです。

 

だから、あなたがバックスイングができていないという場合何度も何度もこのバックスイング矯正ドリルを行って体で覚えてほしいと思います。

 

バックスイングはスイングを作っていく上でかなり重要な要素となります。

 

なのでバックスイングが正だしくできていないとい場合は、基本に立ち返えってまず正しいバックスイングを覚えることが重要だと僕は思います。

 

再現性の高い正しいスイングを作るためにはバックスイングもそうですが、テークバックの動き出しも大事になりますからね。

 

テークバックでミスってしまったら意味がないです。

 

その時点でスイングの再現性は失われてしまいますからね。
本当にバックスイングというのはバカにできません。

 

シャフトが寝てバックスイングしてしまうと上手くなれません。

 

シャフトが寝てしまったらクラブをインサイドへ引っ張り込んでしまいます。

テークバックの速い段階でクラブをインサイドへ引っ張り込んでしまったらそこからクラブを立てていくということは難しいです。

そのままインサイドへクラブを引っ張りこんだままバックスイングを行ってしまったらトップでフトコロが潰れてしまいます。

フトコロが潰れてしまったらダウンスイングでアウトサイドから下りてきやすくなります。

それを嫌って無理にインサイドを意識すると今度は極端なインサイドアウト軌道になってしまいます。

極端なインサイドアウト軌道になってしまったらアイアンではボールの手前にヘッドが落ちてダフリやすくなってしまいます。

これはアプローチショットで同じことが言えますね。

例えばアプローチショットでクラブヘッドをテークバックですぐにインサイドへ上げてしま人がいます。

テークバックですぐにクラブヘッドをインサイドひ上げてしまうとダウンスイングでどうしてもきついインサイドから下してしまいますので、ボールの手前にヘッドが落ちてしまいます。

そして、ダフることを嫌って今度は伸び上がるようになります。

インパクトで伸び上がるようになっていくと今度は無駄に手を使ってインパクトを合わせに行ってしまう動きになります。

なので、こうなっていくともう何が何だかわからない状態になっていき、まともにアプローチショットもできない状態に陥ってしまいます。

今回動画でお伝えしているようにまずはバックスイングの動きをあなたも今一度確認してみてくださいな。

最後にあなたがこれから最短で再現性の高い正しい体打ちスイングを作りたいという場合、その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

 

メルマガではブログには書けない濃い内容を配信しているのでご確認ください。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク