スポンサードリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

今回もあなたのゴルフ上達のために力になれたらと思います。

で、今回はバックスイングでクラブが立つ、クラブが寝るの違いについてお伝えしています。

バックスイングでスイングを後方から撮影して確認する時、このポイントをぜひ確認してほしいと思います。

バックスイングでクラブが寝ているのはアマチュアの特徴です。

逆に上級者やプロはバックスイングでクラブが寝ることなく立っています。

このクラブがバックスイングで立つという意味を動画でご説明していますので、このポイントをぜひあなたもご自分のスイングを後方から撮影して確認するときにチェックしてほしいと思います。

 

バックスイングでクラブが寝る動きになっているとトップでは左脇がゆるんでしまいます。

 

また、トップでフトコロが潰れてしまいやすく、これもオーバートップの原因になります。

何度もお伝えしていますように、トップでフトコロが潰れてしまったらダウンスイングでインサイドからクラブを下すスペースがなくなってしまいます。

だから、バックスイングでクラブが寝てしまうと、ダウンスイングでインサイドアタックできずらくなって結果的にアウトサイドインの軌道になりやすいというのがあります。

 

また、こちらの動画でもお伝えしていますようにインサイドへクラブヘッドを引っ張りこんでしまうとこれもクラブが寝る動きになってしまいます。

クラブヘッドをインサイドへ引っ張り込んでしまうというのは多くの方がやってしまっているミスです。

インサイドからダウンスイングしたいという意識が強いとバックスイングからインサイドへクラブを引っ張りこんでしまうという悪い動きになっている人も多いですね。

 

動画でお伝えしていますように、けっこうテークバックからバックスイングって大事だという事が分かっていただけたと思います。

そうなんです。

再現性の高いスイングを作るためには、大事なんですよね。

テークバックからバックスイングというのは。

ぜひあなたもこのポイントをチェックしてみてください。

最後に、短期間で一気にゴルフを上達させて当たり前に80台、70台を出していけるスイングを作りたいという場合、その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガにはブログには書けない濃い内容を配信しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

また、僕がゴルフを始めてわずか半年でスコアー82をマークしたスイングを構築する方法となりますのでお楽しみください。

repoto
スポンサードリンク