スポンサードリンク

よく練習場シングルと呼ばれる人がいます。

練習場ではそこそこのナイスショットを連発しているが、いざコースに出てみるとミスショットばかりという人がいます。

この原因のほとんどはうち急ぎと思っていいでしょう。

練習場とは違ってコースに出ると1打1打が違ってきます。

目の前にする風景や足場が違ってきます。

また「飛ばしてやろう」「ピンそばにベタ寄せしてやろう」などとこのような欲も出てきます。

そして、力んだりしてついつい自分のタイミングを狂わされてしまいうち急ぎになってしまうのです。

では、そのうち急ぎとは一体何なのか?ということについて話を進めていきます。

 

このうち急ぎというのを単にスイングが速くなってしまうことだと思っている人が多いです。

しかし、これをもう少し突き詰めていくとなぜスイングが速くなってしまうのでしょうか?

それは体が十分に回りきっていないうちに手元だけがトップの位置に上がってしまうからです。

なので、打ち急ぎというのはバックスイングからトップにかけて上半身がしっかりまわってない状態で手元だけでクラブを下す体制にあってそれを実際に行ってしまっていることから起きる現象だと思います。

だいたいの方は手元を高い位置に上げ、左肩が顎の下に入ったらそれで肩が十分に捻転されてトップが完成と思っています。

確かに、手元を高い位置に上げることは大切で間違いではないと思います。

でもこの順番がくるってしまったら手元がアウトサイドの高い位置に上がってしまいます。

こうなってしまうとクラブをインサイドから下すことが難しくなります。

アウトサイドに上がったクラブはアウトサイドから下りやすくなります。

 

左肩を深く動かし、手元はアウトサイドではなくスクエアもしくは、インサイドの高い位置に持ってきます。

打ち急ぎを防ぐためにはバックスイングから注意が必要なのです。

 

バックスイングはダウンスイングの倍の時間をかけてみよう

もう少しうち急ぎが出る原因について考えていきましょう。

 

ゴルフスイングはトップまでの形を作るバックスイングとそこから切り返してフィニッシュまで振り切るためのダウンスイングで成り立っている。

 

でも、クラブヘッドの動きを抜き出してみるとバックスイングのヘッドの動きでは半円を描くのに対してダウンスイングになると1つの円になります。

 

円は円でも正式にはだ円になるのですが、これを比べてみるとやはりバックスイングはダウンスイングの半分の運動量であることが分かると思います。

 

この半分の運動量が打ち急ぎを招いてしまうと思います。

よくクラブを上げる速さと下す速さを同じぐらいにしろと言われると思います。

このようなアドバイスを受けたことがある方は多いでしょう。

でも、これを実行するためには体の運動量がバックスイングとダウンスイングで同じぐらいに合わせる必要があると思います。

なので、バックスイングがダウンスイングからフィニッシュにかけての半分の運動量なのでバックスイングはダウンスイングの倍の時間をかける。

こうすることで打ち急ぎというミスを引き起こさなくなると思います。

まとめると

  • クラブヘッドの動きはバックスイングでほぼ半分
  • 打ち急ぎを防ぐためにバックスイングとダウンスイングの運動量を同じぐらいにする
  • バックスイングはダウンスイングの倍の時間をかけることが大事

 

「チャーシューメーン」で打てと言われたことがある方もいると思います。

チャーシューでバックスイングからトップまで行く、

ダウンスイングがメーンである。

これを心でつぶやきながらスイングすることも僕はありだと思います。

 

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク