スポンサードリンク

フェースが開くからスライスが出るという人で、試行錯誤して練習してもスライスが出る場合はスイング中にフェースの向きがどうなっているのかを確認しながら練習するといいです。

 

アドレスした時点ではフェースはボールに対してスクエアな状態になってることでしょう。

 

インパクトはアドレスの再現とよく言われますが、フェースの向きだけはアドレスの再現だと僕は思います。

アドレスの再現で打とうとすると手打ちになりますが、フェース向きだけはアドレスのボールに対してスクエアな形に戻ってこなくてはなりません。

なので、スライスが出る人はフェース面の事を意識してスイングすることでスライスを防げるようになると思います。

 

では、どう意識したらいいのかというと。

フェースが開いてもどるのでスライスするわけなので、フェースを開かずに戻してこれたらいいわけです。

まず、アドレスしていつも通りテークバックします。

そこからバックスイングに入りますが、テークバックからバックスイングにかけてフェースが開いてしまうとスライスします。

テークバックで腰の高さまでアドレスの手首の形をキープして腰の高さまで手元が上がったらそこからどのようにクラブを上げていけばいいのか?ということです。

 

いつも通り右腰の高さまでテークバックしてクラブを上げ、ここからさらに上げていくわけですが腰から肩の高さまで上げるまでにやり終えることがあります。

さて何だと思いますか?

 

それはコックです。

 

このコックの入れ方によってインパクトでフェースが開くか閉じるかが決まってきます。

ほとんどの人は腰の高さまでテークバックして親指側にコックをします。

でも、これだけだと正しいコックとは言えないと思います。

親指側に折るコックは縦のコックでこれだとスライスを打つための準備をしているようなものです。

 

長い間スライスに悩んでいる人はこの親指側だけのコックしかしていないためにスライスから卒業することが出来ないと思います。

では、親指側に折るだけではなくもう一つコックする必要があります。

 

さて、それはどの方向へコックしたらいいと思いますか?スライスが止まらない人はもう一つのコックが入っていません。

もう一つは右手の甲側に折るコック。

僕はこれを通称右手の甲側コックと呼んでいます。(まあ、そのままですが(笑))

 

縦のコックだけ入れてみるとどうなるのか?

トップでクラブフェースが正面を向く形になります。

フェースがこのように正面を向くという事はフェースが開いているということ。

この状態のままアドレスの形に戻ってみるとわかりますが、フェースが開いていると思います。

えーっと、言葉だけでは理解しにくいと思いますので以下の画像で確認してください。

つまりこういったトップの形になります。

 

 

misukokku

この形です。

トップでの手首の状態に注目してみましょう。

左手の甲側が谷折りになっているのが分かると思います。

で、このままゆっくりとインパクトへ戻ってきたらわかると思いますが、フェースが開いていると思います。

少しではなくて極端にフェースが右を向いてしまっていると思います。

要するにこのようなトップの形を作ることはスライスを打つための準備をしているようなもので、スライスして当然です。

左手甲が谷折りになったまま振りおろしてくるとこうなります。

では、正しいコックはどうするのか?

 

ではまずは正しいコックが出来た場合のトップの形を確認しましょう。

misukokku1

 

上の画像はタイガーのトップの形です。

これが正しいトップの形。

左手の甲側が谷折りになっていません。

逆にアドレス時に比べて右手甲の角度が深くなっています。

これが「右手の甲側コック」です。

 

ほとんどのプロのトップの形を確認したら分かると思いますが、この形になっています。

みんなこの右手の甲側コックを採用しているわけです。

右手の甲側コックを入れる必要があるという理屈は分かってもらえたでしょうか?

で、ここからが大事なんんですがテークバックで腰の高さまで引っ張ってきたらどの方向へクラブを立てていけばこの右手の甲側コックが入るのかという問題です。

misukokku2

 

えーっと上の画像でそれぞれ3方向に番号をつけてみました。

ちょっと赤線が汚い感じになってしまったのですが、そこのところは大目に見てやってください(笑)

 

腰の高さまでテークバックしたらこれからどこを目指してクラブを立てていけば右手の甲側コックが入るのか?

番号で1,2,3としましたのでどの方向だと思いますか?

正解は右肩方向の1番です。

右腰位置までバックスイングが到達したら今度はそこから1番の右肩方向に向かってクラブを立てていく。

 

目標を右肩にすることでイメージしやすいかと思います。

こうすることで正しい位置にクラブを立てることが出来るようになります。コックは縦と裏を合わせることで斜めのコックとなります。

これが正しいコックの入れ方になります。

バックスイングでは左腕が地面と平行になる位置。

つまり、肩の高さまでにコックは完了させておく必要があります。

左腕が地面と平行になる位置がトップなので、そこまでにコックを完了させる。

コックが完了しないとクラブがいつまでも立ちませんので、このようなトップから球を打とうと思ってもまともに打つことはできません。

コックをしないことはタメがないことと同じなのでタメがない状態で打ちに行くようなものです。

ショートアイアンならなんとか打てますが、ロングアイアンになってくるとうまく打つことができません。

ショットの上手い人に共通して言えるのは肩の高さまでにはしっかりコックが完了しています。

そして、いつでも打てる態勢が整っています。

ゴルフのスイングはプラモデルと同じで一つ一つの部品を正確に組み立てていかないと完成しないと思います。

そのためには、正しいコックを入れることでまた一つスイングが完成形に近づきます。

異なる部品を使っているといつまでたってもプラモデルが完成しないと同じで、間違った体の使い方をしているといつまでたってもスイングは完成しないと思います。

今日は正しいコックの使い方について話しました。

これはスライス矯正にも役に立つと思いますのでぜひ試してみてください。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

『無料メルマガ』ゴルフど素人でも半年でスコアー82を出せた最速ゴルフ上達法

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク