スポンサードリンク

今回はゴルフのバックスイングで体をしっかり捻転させることについてのお話になります。

 

多くのアマチュアゴルファーは飛ばそうと意気込んでバックスイングで一生懸命体を回そうとしています。

 

 

体を回すことを目的としてしまっているので上半身と下半身が同時に回ってしまいます。

 

そして、上半身と下半身が同時に回ってしまうことにより捻転差が作られていない人が多いと言われています。

 

肩の回転が90度で腰の回転が45度。

 

このねじれが反動となって飛ばしの原動力になります。

なので正しいスイングはできるだけ腰を回さないように意識して、腕に

引っ張られるように上半身を回すことです。

 

腰の回転を我慢して、上体が引っ張られたときに生まれる苦しさがパワーに代わるのです。

 

なのでねじれの反動がないから手で下すしかなくなります。

つまりゴルフのバックスイングで苦しくないと飛距離アップはできないということです。

 

手で上半身を引っ張り捻じりあげることをしながら下半身はなるべく正面をキープすることを意識してみましょう。

 

キープしようと思っても自然と45度は回るようになっています。

 

 

体を必死に捻じりあげたとしても右股関節に体重を乗せることができずに腰が同時に回ってしまうと捻転差ができません。

 

 

 

腰が一緒に回転すると全然苦しくないわけです。

 

なので腰をなるべく回さずに上半身を回すとかなり苦しくなります。

 

 

ドリルとして、足を閉じて軸をキープしながらあげると自然と腰を回さずに手で引っ張り上げる形に収まります。

 

 

体をギュっと捻じるためには腕をスーッと遠くへ上げる意識が大事です。

 

yuttrf

今回はバックスイングでしっかり捻転を作るための方法を紹介しました。

 

参考にしてみてくださいね。

 

ゴルフのバックスイングでしっかり体を捻じれるようになると飛距離が伸びることに気づかれるはずです。捻転というのは大事ですね。

飛距離を伸ばすためには日ごろから柔軟な体を作っておく必要があると思います。

柔軟性に欠けると飛距離アップは難しいですからね。

あなたがもっと飛ばしたいと思っているなら柔軟性のある体作りを考えることもその一つの方法ですよ。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク