スポンサードリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

再現性の高い正しいスイングを作るためにはやはりバックスイングというのは重要です。

今回の動画ではトップでのフトコロの作り方についてお伝えしています。

トップでフトコロが作れる人と作れていない人ではその後のダウンスイングで大きな違いが生まれます。

トップでフトコロが作れている場合は、ダウンスイングをインサイドから下してきやすくなりますが、トップでフトコロが作れていない場合は、切り返しからクラブがアウトサイドから下りやすくなってしまいます。

そもそもトップではなぜフトコロが必要となるのか?

これについて理解されていない人も多いですし、またフトコロってなに?という感じでその重要性に気づいていない人も多いですね。

 

トップで手元をどこに上げるとか、アップライトにするとかレイドオフにするとかトップの形に色々とこだわる人もいますが、それ以前にトップでフトコロが作れないことには再現性の高いスイングはできません。

今回お伝えしている上の動画ではトップでフトコロができていない人のために簡単にフトコロが作れるための方法としてポイントをお伝えしています。

バックスイングからダウンスイングというのは下半身から動き出しをするわけですが、その準備段階としてトップでフトコロが作れていることが最も重要であると僕は思います。

このフトコロが作れるようになるためには、アドレスからバックスイングの動きで決まります。

バックスイングですぐにクラブヘッドをインサイドへ引っ張り込んでしまってはトップでフトコロができずに、フトコロが窮屈に潰れたトップになり手もとをインサイドへ引っ張り込んでしまうのでクラブが背中側に寝て上がっていき、トップではシャフトクロスして飛球方向の右を差すオーバートップになっているアマチュアの方が非常に多いです。

 

これはインサイドからダウンスイングしようと意識して、バックスイングでもクラブをインサイドへ引っ張り込んでしまっている事が原因となっている方が多いです。

 

インサイドからインサイドからと意識が強くなって極端にクラブをインサイドに引っ張りこむことによって、シャフトが寝て上がっていきますので、当然クラブヘッドの重みは背中側にありますので、そのヘッドの重みに引っ張られて、腕もきついインサイドへ上がっていってしまうので、結果的にトップでフトコロが潰れてしまうわけです。

 

あなたもこれから再現性の高いスイングを目指されるならまずはバックスイングからトップの動きをチェックして何度も練習していただけたらと思います。

 

最後にあなたが短期間で一気にスコアーを縮めて当たり前に80台、70台を出していきたいという場合はその詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガでは再現性の高いスイングを作る詳しい方法をお伝えしています。

また僕がゴルフを始めてわずか半年でスコアー82を出したスイング作りの方法などもお伝えしていますのでお楽しみくださいね^^

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク