スポンサードリンク

 

お世話になります。
ゴルフ侍トシです。
ほとんどの人がバンカーショットが苦手ですね。
というわけで、今回は【バンカーショットが上手くなるための打つ方】についてお伝えしますね。

バンカーショットはボールを直接ヒットしませんので、アバウトに打てるから
上級者になると簡単に脱出するだけならできます。
でも、ほとんどの人がそうは思わないみたいですね。

たしかに昔の僕もバンカーショットは苦手でした。
バンカーが苦手な人の打ち方を見ていると、
ほとんどの人が極端に力んでいて、そのまま打ってミスするか

そこからゆるんでミスするかのどちらかですね。

力んでしまう一番の原因というのはインパクトで砂の抵抗があります。
まず、砂の重さに負けないようにと思って、
必要以上に力んでしまったりするので

これがミスの原因となっていることが良くありますね。

逆にゆるんでしまう人というのは、短い距離に対して大きなふり幅で振るのが怖くて
ダウンスイングが減速してしまいます。

そうなると本末転倒というか、今度はインパクトで砂の抵抗に負けて振りぬけなくなってしまうんですね。
砂の抵抗に負けないためにはバンカーショットというのは
グリップを極端に短くもってスイングしてみてください。
まずはこれが負の連鎖に陥ってしまうのを防ぐはじめの一歩になります。
さらに多くの人がバンカーショットを苦手としている原因として

雑誌や本などのレッスンで植え付けられてしまった間違ったイメージにあります。

たとえば、バンカーショットを指す「エクスプロージョン」という言葉ですが
これは爆発という意味になります。

でも砂を爆発させようなどと考えたら思い切って砂をぶったたくようなイメージになってしまいます。

こうなると力んでしまうというわけです。

また、多くがバンカーショットは上から打ち込むなどと言われていますが、
これも捉え方を間違ってしまったら危険なんですね。
たしかにスイングの入射角がゆるやかな上級者にとっては
バンカーでヘッドをボールの下まで届かせるために普段より打ち込むイメージがあるわけですが
そもそもがカット軌道で打ち込み気味のスイングの人が多いので
「もっと打ち込め」と教わったらヘッドが砂に深く刺さって上手く砂を飛ばせなくなるに決まっています。
だからまずははじめにバンカーショットに対する正しいインパクトのイメージを正すことが大事です。

芝の上にボールがある場合は、ボールは芝の上にのっていて多少なりとも地面から浮いていますので

ほんの少しの上下方向のズレなら大きなミスにはなりません。

でも、バンカーショットの場合はボールは砂の上に直接のっているので
ときには数ミリ沈んでいることもあります。

なので、この状態では少しでもヘッドが手前から入ったら決定的なダフリになってしまうんですね。

とくにグリーン近いガードバンカーからアプローチのようにクリーンに打とうとしたら、
振り幅が小さくて飛距離が大きく落ちてしまって、脱出もままならなくなります。
だからバンカーからはボールを直接打とうとしてダフるリスクを避ける必要があります。

そのため、大きなふり幅で砂ごと飛ばしていきます。

これなら最大でも30ヤード程度しか飛ばせないかわりに
少しぐらい手前から入ったとしても脱出するには十分な飛距離を出すことができます。
インパクトを断面図で考えた場合
クラブヘッドはボールの少し手前から入って
ボールの真下数ミリの最下点を通過して
ボールの先から出ていきます。
スイング軌道を大きな円だとしたら、

その円の端が砂を削り取るイメージになります。

そして、削り取られた砂と一緒にボールが飛んでいきます。
なので、ここには爆発も打ち込みも必要ないということが言えるのです。

まとめると、
・バンカーショットは上から打ち込めと言われるが実際は打ち込みすぎたらリーディングエッジが刺さって振りぬくことができずに砂とボールを飛ばすことができない。
・それほど強く打ちこまなくてもスイングの最下点がボールの下に届いていればOKです。
最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させ、

周りのゴルファーをスコアーで圧倒したいという場合

80台、70台を当たり前に出していけるスイングのキモを作る詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。
【無料メルマガ】ゴルフど素人でも半年でスコアー82を出した最速ゴルフ上達法

repoto
スポンサードリンク