スポンサードリンク

お世話になります。
ゴルフ侍トシです。
今回もバンカーショットについて
お伝えしていきたいと思いますね。

バンカーショットで普段のスイングと異なる部分についてです。

それはフェースの使い方にあります。
実際は脱出するだけなので普通に打っても問題はないですが、
砂を取る量をコントロールしたりやわらかく高い弾道で寄せるためには

フェースを開いて使うイメージが必要となります。

具体的にはウェッジのリーディングエッジではなくて、
ソールの少し後ろのほうのヒール側から接地させて

そこからフェースを上に向けるようにロフトを増やしながら抜いていくことによって

フワリとやわらかい球を打つことができるわけです。

右手をウェッジに見立てて動かすためには
金魚すくいのようなイメージになります。
右手甲の小指側の手首側から砂に落として手のひらを上に向けながら

目標方向に振りぬいていくことです。
こうすることによって、ソールを上手く使って砂を薄く削り取っていくことになります。

そして、ボールをその砂と一緒に少し上方向に飛ばしていくことができます。

ヘッドを正確に入れる技術とか些細なフェースコントロールの感覚が必要となり高等技術になりますが、これができたら、プロのようにスピンの効いたバンカーショットが打てるようになりますので、ぜひチャレンジしてみていただけたらと思います。

ほとんどの人がバンカーショットを苦手とする本当の理由は練習量にもあります。
多くのゴルファーが長い時間バンカー内ですごしてたくさん球数を打って
いろいろな打ち方を試しているのに対して

普段からバンカー練習をしているアマチュアはほとんどいませんからね。

どらだけ理屈を理解したところで、そもそもの成功体験が少ないと

そうそううまく打てるようにはなりません。
もしも、普段行っている練習場にバンカー打席があるなら

毎回20~30発でいいので、バンカーの練習を行ってみてください。

それだけでバンカーショットはすぐに上達していきますよ。
その時に、砂の上に1本線を引いて、
その線をヘッドの入れどころに見立てて練習してみるといいですね。

ボールを打たなくてもかまわないので一番端からはじめて1スイングずつ前進して

その線を消していくことです。

そのあとで、その線がボールのすぐ手前にあると思って球を打ってみてください。

驚くほどに簡単に脱出することができますよ。

また、全く力が要らないことも理解できると思います。

こういった成功体験を重ねていくことによってバンカーの苦手意識を克服していくことにつながります。

また、あなたがバンカーが苦手という場合は、
一度サンドウェッジを見直してみるのもいいですね。

バンカーショットはリーディングエッジからではなく、ソールから砂に接地させて
そのソールで砂を削り取ってショットするわけです。
なので、ソールの形状がバンカー性能を大きく左右することになります。

端的にいうと、バウンス角が大きければ大きいほど

バンカーショットはやさしくなります。

バウンス角というのはシャフトを垂直、リーディングエッジを地面と水平にしてからクラブヘッドをトゥ側から見たときにリーディングエッジよりも下に出っ張ってボールの下に潜り込ませても、深く刺さり過ぎずに、程よいところでヘッドを砂からはじき出してくれますので、少々アバウトに入っても大きなミスになるのを防ぐことができます。
また、最近のウェッジはロフト角とともにバウンス角が表記されているのがほとんどです。
バウンス角が最低でも10度以上、バンカーが苦手だというのであれば12度以上のものを選んでみてください。

さらにソール幅が広くてソールの前から後ろ側にかけて丸くラウンドが付いているものが優しいですよ。
最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させて

当たり前に80台、70台を出していけるスイングを作りたいという場合、
その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。
ゴルフ侍トシ無料メルマガはこちら

repoto
スポンサードリンク