スポンサードリンク

バンカーで目玉になった時にどおやって抜け出すか?

目玉になったらテンション下がりますよね。

僕は結構落胆します。

 

「あー、やっちまったな・・・」

「勘弁してくれよー・・・」

って感じでやっぱりすごく落胆してしまいます。

 

でも目玉にはまった時でもしっかり抜け出す方法を知っておいたらそんなにあわてることはないと思います。

というわけで、ちょっと目玉に陥った場合のバンカーショットの脱出方法について書きたいと思います。

 

目玉の場合であってもアドレスは通常のバンカーショットと同じです。

スタンスはオープンにするのですが、あまりオープンになりすぎないようにスクエア気味に構えます。

そして、体重はしっかり左足に乗せるようにします。

手元はハンドファーストの形でOKです。

そして、ボール位置は真ん中よりもやや右に置くこと。

ボール位置を右側に置くことによってさらにクラブを鋭角的に振り下ろすことができるからです。

 

目玉から打つ時は大切なポイントになりますので、ボール位置は右側ということを覚えておきましょう。

 

またアドレスで左足体重にするのですが、上体は高い球を打つ時のように右肩下がりにします。

 

また、頭を下げてかまえます。頭を下げることによってボールの下に絶対にクラブを入れるという意識付けを行います。

 

 

左に7対3もしくは6対4の割合で体重をかけておいて、ボールを右足寄りに置くのですが上体も左に傾けるのではなく上体は右肩下がりにして構えます。

 

そこから早い段階でコックを使って上からてこの原理で打ちに行くのですが、上体が右肩下がりになっているのでロブショットやフラップショットを打つ時のように高い球を打つ時のセットになっているかがポイントです。

 

鋭角に打ちながらもさらに柔らかく打てるようになるということです。

 

目玉の場合は通常のバンカーショットとは違いフェースが開かないというのがあります。

フェースが開いてしまったらクラブが砂の上っ面を抜けていってしまうのでフェースが砂に深く入るためにもあえてフェースは立て気味にしておきます。

 

フェースを開いているとSWのバンスが砂にはじかれてしまうのでフェースは立て気味にするのです。

つまりSWのバンスを使わないことを考えてアドレスするということです。

フェースが深く砂に入ってくれないとボールは出ませんからね。

僕もフェースを開いて何度かチャレンジしてみたことがあるのですが、砂を深くとることができないとボールは出てくれません。

目玉の場合はボールが埋まっているので普通のバンカーショット同じようにフェースを開いていたのでは難しいです。

 

打ち方ですが、クラブを鋭角にテークバックしていったらそのまま上から振り下ろす感覚です。

フォローでクラブを抜こうとするのではなくて、ドンっと強く落としていきます。

そして、強く落としたらそのままクラブを止めてしまうぐらいのイメージでOKです。

こうすることによって十分に目玉のバンカーから抜け出すことができます。

 

大事なことですが、目玉は脱出できたらOKということです。

うまく出そうなどと考えないほうがいいです。

うまく出そうとか欲をかくとかえって目玉のバンカーから抜け出せなくなります。

なのでフェースは開かずに上から落とすだけです。

 

大きな砂ごとドバっと外に出すイメージです。

 

これだけで、目玉のバンカーから十分ボールが出ることを理解できると思います。

 

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

 

repoto
スポンサードリンク