スポンサードリンク

前回に続き今回もバンカーショットのコツを紹介したいと思います。

バンカーショットが苦手と言う方は参考にしてみてください。

バンカーショットでボールを飛ばすことなくふわりと高い球を打ちたい場合についてお話ししていきます。

この時のポイントは大きく2つあります。

ひとつは思い切ってフェースを開くことです。
アマチュアの多くはフェースを開くのに躊躇しがちなんです。
でもここまで開くのか?
ぐらいまで極端に開いてみることです。
時計の短針に例えるなら自分から見て2時を過ぎて3時手前くらいでも構いません。

次にもう一つの重要なことですが、

重心を下げることです。
重心を下げることによりスイング弧が緩やかになるからです。

そしてボールが上がりやすくなるのです。
ポイントは椅子に座るように真下に重心を落としていくことです。
このときにひざが前に出ないように気を付けましょう。

hsddveve

ひざが前に出ると手を振るスペースがなくなってしまいますからね。
手を振るスペースがなくなってしまったら軸ブレすることになります。

極端にフェースを開いて重心を落とすことです。

これができたらバンカーショットが上達するでしょう。

そして、アゴ近とか、ピン近も解決することが出来るかと思います。

バンカーショットのミスしてしまう原因は重心が高すぎることにあります。
重心が高いと左右に軸ブレしやすくなります。
そうなるとしっかりと砂を叩くことが出来ないので高さを出すことが出来ません。

フェースは時計の3時ぐらい開いてボール位置は左足よりに置くようにしましょう。
いつもよりもボール位置を左足よりに置きます。
ボール1個分ぐらい左足よりに置くことです。
アドレスができたらあとは飛びすぎを恐れることなく思い切りスイングしましょう。

とにかくバンカーショットは思い切りが大事です。

思い切りダフらせるという考え方の人もいますが、僕の場合はできるだけバンカーショットでも薄く打つということを意識しています。

できるだけボールだけを拾いたいという気持ちで打っています。

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク