スポンサードリンク

雨が降って硬くしまったバンカーで気を付けることがあります。

ゴルフで雨が降るとけっこうバンカーが厄介になります。

サンドウェッジのバンスがはねて大きなミスになりがちですからね。

なので対策としては雨のバンカーではさらに上から入れるように角度をつけて打っていきます。
晴れの日とは違って地面が硬いので角度をつけても砂にささる心配がありません。
上から入れるといってもスイングは変える必要はないです。
フェースの開き具合やスイングテンポも同じです。
変えるのはただひとつだけです。

アドレスでのボール位置になります。

晴れの日が左足寄りにおいてハンドレートに構えるのに対して
雨の日のバンカーショットではそれよりもボールを2個分は右足寄りに置きます。

そして正面から見るとヘッドよりも手元が前に出たアドレスになるということです。
このまま振ればヘッドは自然と上から入ることになります。

 

joefege

弾道もグリーンにキャリーしてからころがるピッチ&ランになり、雨で重たくなったグリーンでピンに寄っていく確率が高くなります。
砂が柔らかいときはハンドレートに構えて打つ。

そして、鋭角に打ちこむと砂にヘッドが潜ってしまい、飛ばすことが出来なくなるのでハンドレートに構えるのが正解です。
入射角は緩やかになるのが正解です。
雨の日のバンカーショットはボールを右足寄りにおいてフェースを開いたアドレスをすることをおすすめします。

砂が硬いとはじかれる可能性が高いので意識としては上から入れる構えにしたいですね。
なので雨の日でバンカーが硬くしまっているならボール位置を通常よりも右足寄りに置くことが大事になります。
ゴルフは天候によって左右されるスポーツでもあります。

なのでゴルフは奥が深いと言われるのでしょう。
雨の日のバンカーショットを攻略するためにはこの考えを持って対策してみるといいでしょう。

 

雨の日のバンカーは難しいですが、普通の晴れの日のバンカーも難しいという場合はバンカーショットの基本を学ぶ必要があります。

バンカーが苦手と言うのは初心者ゴルファーに多い悩みですよね。

ラウンド経験が浅いうちは仕方ないので打ちっぱなし上などに隣接してあるバンカーで練習を重ねることをおすすめします。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク