スポンサードリンク

 

e879f7d2b52829061aaf423cc4c2efb2_s

こんばんは。
ゴルフ侍トシです。
福岡の自宅からです。

今回はパッティングについてです。
【ショートパットを左へ引っ掛けない方法】です。

ショートパットに自信がなくて
カップの左へ引っ掛けたり、もしくは真っすぐにストロークを打てないという場合
グリップの握りを変えてみると意外とうまく打てるようになるということがあります。

パターは形無しと言われるように、
あなたがストロークしやすいグリップの形を見つけるというのも
色々と握りを変えてみたりして試してみることをお勧めします。

そこで、今回は僕がショートパットを左へ引っ掛けなくなった方法として

グリップの握りを変えたことをお伝えしていますので、
あなたもショートパットに自信がないとか
カップの左へ引っ掛けることがあるという場合は
参考にしていただけたらと思います。

また、動画でお伝えしているグリップをすることにより、
左の肘あたりにフェース面を感じてストロークしやすくなります。

パターのストローク中にグリップがグラつくようなことで
ストロークが安定しないという場合、
この握りに変えてみるのもいいのではないかと思います。

個人的にはカップの左へ引っ掛けないためにどうしたらいいのか?
と考えながらグリップの握りなどを変えていろいろと試した結果、
このように左手のグリップを握るようにしてから
カップの左へ引っ掛けるという事がなくなっていきましたし、
また、ショートパットの精度が上がったので
基本的なグリップの握りとは異なりますが、
これは使えると思いました。

また、グリップがストローク中にグラつくことが少なくなりましたので、

パターの芯で球をとらえやすいということもあります。

なので、パターの芯で球をとらえるという意味でも
あなたが芯で打てずに苦労しているという場合は
この握りをおすすめいたします。
最後にあなたが短期間でゴルフを一気に上達させ、

あたりまえにスコアー80台、70台を出していくために
その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガでは僕がゴルフを始めて半年でスコアー82を出したいスイングのキモの部分をお伝えしています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク