スポンサードリンク

7b94f4192a4901b6a23911783fac97b1_s

 

ゴルフ侍トシです。
今回もあなたのゴルフ上達のためによろしくお願いいたします。

 
というわけで、今回のテーマは【パッティングにおける手の役割とは?】です。

 

 
パットのヘッドの軌道を安定させるために、
欠かせないことがあります。

 
どっしりと安定した自然なアドレス。

 

 
これがあってもまだパターのヘッドを振り子のように動かすことができないことがあります。

二つ目の邪魔者としてはパターの構造に原因があります。

 

 

パターのヘッドはグリップエンドからまっすぐ下にぶら下がってるわけではないからです。

 

 

パターを実際に構えると、ヘッドはグリップエンドより前に突き出ています。

 

 
なので、振り子でいえばヒモにあたるパターのシャフトが斜めになっているということです。

 

 

 

なので、ストローク中、このシャフトの角度が少しでもくるってしまったら、ヘッドは振子のようには動けなくなるという事です。

 

 

このシャフトの角度を一定に保つための役割を担っているのが両手です。

 

 

ゆえにパッティングではストローク中、手首の角度をキープすることが極めて重要であることが分かると思います。

 

 

パッティングのストロークにおける両手の役割はこれだけだと言っても過言ではないです。

 

 

ちなみに「キープする」というと、
両手をギュッと握りしめてしまう人がいますが、これはかえって逆効果になります。

 

 

優しく握った方が手首の角度はキープすることができます。

 

 
なので、優しく握ってシャフトの角度をキープしたら両手の出番はもう終わりと思ってください。

 

 

おとは肩でストロークしてやればいいです。

 

 

そうするとヘッド軌道はいつも同じになります。

 
手首の角度をキープすることを意識することに寄ってストロークが安定します。

 

 

クロスハンドグリップの長所と短所とは?

 
クロスハンドグリップをあなたも実践したことがあるかもしれませんね。

 

 
まだ、実践したことがないという場合もあるかもしれません。

 

 
結論言いますとショートパットが苦手という場合は、
このクロスハンドグリップを実践してみてください。

 

 

パターのグリップにはいろいろなスタイルがあるけど
オーソドックスなグリップに対して、真逆になるのが
「クロスハンド・グリップ」です。

 

 

パターは他のクラブと同様にまずは左手でグリップエンドの近くを握り

次に右手を少し下にズラして左手の親指を包み込むように握るのがふつうです。

 

 
でもクラスハンドグリップの場合は、左右の手が逆です。

 

 

左手がグリップの下側になります。

 

 

アメリカのツアーを見ていて思いますが、

だいたい10人に1人ぐらいの割合でクロスハンドグリップでパッティングしています。

 

 

もっと割合は多いかもしれませんが(笑)

どうしてクロスハンドにするのか?

 

 

その理由を一言で言うなら
「右手を殺すことができるから」です。

 

 

ショートパットで押し出したりひっかけたりするのは、
多くの場合が、右手が悪さをするからです。

 

 

でもクロスハンドだと、右手がほとんど使えないので、
左手主導になるので方向性がよくなります。

 

 
このほかにも左手が下になることによって、
両肩を結んだ線が水平になって、ラインが出しやすいというのがあります。

 

 

左手首の角度をキープしやすくなります。

 

 

そして左腕とパターの一体感を得ることができます。

 

 

でも、欠点もあります。

 

 

それは距離感が出しづらくなるという事です。

 

 

右手というのは悪さもする反面、左手よりも繊細なので、
距離感は右手の感覚に頼っている部分が多いです。

 

 

クロスハンドにすることによってその感覚を殺してしまうことになります。

 

 

なので、クロスハンドグリップはロングパットになるほど距離感が出しづらくなります。

 

 
パターの練習をプロのように取れないアマにとっては、パターの握りを変えるのはかなりの勇気が必要となります。

 

 

でも、ショートパットが本当に苦手という場合はクロスハンドグリップを試してみる価値はありますよ。

 

 

でも、やると決めたら半年ぐらいは継続してやることをお勧めします。

 

 

途中に元に戻してしまったらいつまでたっても自分のものになりません。

 
ラウンドでは試さなくても球に練習グリーンでクロスハンドで練習してみることはおすすめします。

 

 

実際に練習してみることによって、左右それぞれの手の使い方の違いなどを見つけることができますよ。

 

 

今回はパッティングについてお伝えしました。

 

 

最後にあなたが短期間でゴルフを上達させて、
80台、70台があたりまえになるスイングを作りたいという場合、
僕がゴルフをはじめてたったの半年でスコアー82を出した
再現性の高い正しいスイングを作る方法はメルマガ限定でお伝えしています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ
メルマガではサイトには書けない濃い内容を配信しています。

repoto
スポンサードリンク