スポンサードリンク

e879f7d2b52829061aaf423cc4c2efb2_s

ゴルフ侍トシです。
今回のテーマは【ショートパットのラインの読み方】についてです。

ソートパットのラインの読みはタッチによって差が出ることが多いですね。
「届かなかったら当然入りません」
を意識して強めに打った経験はあなたもあると思います。

また、イメージとして「ジャストイン」をイメージしてる場合は
それほど強く打たないはずですね。
同じ曲がるラインであったとしても、前者はラインを消して真っすぐめに後者は純粋にラインを読むことになります。

もちろんロングパットやミドルパットにも言えることですね。
これらは入るよりは寄せるパットです。

大オーバーや大ショートは3パットのリスクが高くなってしまいますので

誰もが安全運転のライン読みをします。
これに対してそy-とパットは入れたいパットです。

なので、そのぶん読み方に差が出るというわけですね。
プロの世界もそうですが

パット上手はショートパットを強めに打つ印象があります。

パットではジャストタッチという表現を頻繁にしますが
これは僕としては普通よりも少し強めのタッチのことを言います。

感覚としては最後のひと転がりで入るイメージが通常のジャストタッチなら、

これに対して、ベストタッチはちょっとだけ強めにタッチする。
これはカップインしたときにボールがカップの底にダイレクトに落ちるイメージですね。

奥の土手に当たるほど強くはないですが
ジャストタッチよりは強いわけです。
数字で言うなら、どんなラインでも30~40センチオーバーするタッチということです。

ショートパットのラインを読む場合
強く打ってラインを消すのではなくて、短くてもラインに乗せてカップインを狙っているという事です。

パットのうまい人はラインを消しません。
言い換えれば、入れなければいけないショートパットだからといって自分独自のラインを作ることはしません。

いつもの自分のタッチでラインを読んでそこに打っているだけです。

常に30~40センチオーバーでひとつのラインに絞って打っています。

1メートル以内はカップを外さないこと

上級者はショートパットを打つ前に
自分が置かれた状況によって打ち方を変えることがあります。

たとえばこのパットを外したら負けるというシチュエーションでラインがよく分からないときに、

ほぼまっすぐと呼んで強めに打つ。
また、いつもと比べて打球が強く出ているときも、本来のラインより真っすぐめに読むことがあります。
あなたが1つでもスコアーを縮めようと頑張っているのであれば
そもそもショートパットを意図的に強めに打ったり、弱めに打ったりできるのはプロレベルの話ですので
常に一定のタッチができないという人がこのようなことを考えてやっても

カップインの確率は下がる一方です。

1発2発入ったとしても、トータルで考えると入らない確率の方が圧倒的に高くなります。
ゴルフをやっている限りは、一生30~40センチオーバーのタッチでやっていくことをおすすめします。

ちなみにグリーンの速さとベストタッチの関係を数字で表すなら

10~11フィートで30センチオーバー。
一般のコースでやや速めの9フィートなら35センチオーバー。
8フィートなら40センチオーバー。
7フィートなら45センチオーバーぐらいが目安になります。

ベストタッチで打つならカップを外すのは1.5メートル以上の距離からと考えればいいです。

ただ、下りのパットの場合は例外です。

強めに打つ上りは切れませんが、打てない下りは切れやすいですからね。

たとえ、1メートルでも、30センチオーバーで打つと1メートルオーバーすることも珍しくないです。
そして下りに関してはしっかりとラインを読んで、タッチを合わせて結果的に30~40センチオーバーになるのが一番いいです。
もちろんベストタッチだと1メートルオーバーしそうな下りだからジャストタッチで打ってみよう。とかそy-トが多い日にちょっと強めに打つのはありだと思います。

今回の内容は以上になります。
最後にあなたが短期間で一気にゴルフが上達して
周りのゴルファーをスコアーで圧倒したいという場合は
その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。
【無料メルマガ】ゴルフど素人でも半年でスコアー82を出した最速ゴルフ上達法

repoto
スポンサードリンク