スポンサードリンク

e879f7d2b52829061aaf423cc4c2efb2_s

ゴルフ侍トシです。
さて、今回もパッティング上達に関して
ストロークのスピードとリズムについてお伝えしますね。

パッティングのアプローチ同様に上げ幅でつくるように心がけた方が上手くいく人は多いでしょう。
僕の場合はアプローチを上げ幅で調節するという意識はないですが、

アプローチで体幹で距離感を掴むことができたら
上げ幅で考えることは必要ないかなと思います。
さて、パッティングは通常のショット以上に視覚やメンタルに左右されます。
事前にラインも早さも読んでいるはずなのに、
打つときに「速そうだな」と感じたらストロークをゆるめてしまいますし、
「思ったよりもフックしそうだな」と感じるようなら押し出してしまったりですね。

ショートパットの場合のミスというのは特にメンタル的な部分が関係しています。

なので、そういったミスをなくすためにも
極論すると感性をゼロにして機械のように打てれば最高です。
感性がゼロということは手先で微調整を一切しないということです。

目指すところは同じふり幅でストロークしたらいつも同じだけ転がる打ち方なのです。
そのためには、ストロークのリズムとスピードをそろえるという事が肝心なんです。

変えるのは上げ幅だけです。
そして、マシーンのように正確に打つためには
ストロークの中にいつも変えない要素をできるだけ多くして変えるのはたった一つのポイントに絞ることが大事です。

パッティングではストロークをできるだけ等速に左右均等に振る
ストローク式と、インパクトでパチンとヒットするタップ式の2つに別れます。

感性を消し、マシーンを目指すという意味においては
ストローク式の方が合理的なような気もしますけど、

青木功プロのようにタップ式でもすばらしいパッティングをする人もいます。

なので一概にどっちがいいのか?というのは言えませんが
自分に合ったスタイルを選ぶことの方が重要なんです。
なのでインパクトを点で考えるか?
それともゾーンで考えるか?
このタイプの違いによって変わるという事。
そして、スイングを急加速させずにゆったりとしたリズムで振る人は

パッティングもストローク式が、ダウンスイングでギュっと加速して、インパクトである程度ボールをヒットする感覚が強い人はタップ式が合うと思います。

そして、パターの種類ですが
ストローク式の人はできるだけヘッドが大きめで重いパターが合うと思います。

逆にタップ式の場合は、ピン型やL字などの小ぶりで軽めのパターが合うと思います。

ストローク式もタップ式も言えることは、
どちらも真っすぐに打つということ。
パターというクラブは基本的に球を曲げて打つということはできません。

傾斜によって球は左右にまがって転がっていくものです。
球がフックしたりスライスしたりするのは
あくまで真っすぐ打った結果傾斜によって球がそのように曲がっていくのです。
例えば強く打ったらボールは強く飛び出します。

なので傾斜に負けずに真っすぐに転がる距離が長くなって、弱く打ったら勢いはすぐになくなって早く落ち始めます。
パッティングの転がりを考えるとき、まずは真っすぐに転がっていき、傾斜によって曲がっていくという事を頭にいれておくといいですよ。

はじめから曲がっていく球筋ばかりをイメージするのではなくて、傾斜によって曲がっていくという転がりのイメージの方が方向性、タッチともによくなってきますよ。

今回の内容は以上です。
最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させて
当たり前に80台、70台を出していきたいというのであれば
そのスイングを作る詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。
ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク