スポンサードリンク

e879f7d2b52829061aaf423cc4c2efb2_s

ゴルフ侍トシです。
ゴルフはパッティングがスコアーの大半を決めます。
パットイズマネーという言葉をあなたも聞いたことがあるかもしれませんが、

まさにパッティングがうまい=ゴルフが上手。ということが言えます。
プロ選手でもパッティングがうまい選手が活躍しています。
300ヤード以上のドライバーショットも30センチのパッティングも同じ1打ですからね。
タイガーウッズが強かったときはやはりパッティングが驚異的にうまかったというのが言えると思います。

 

パッティングで大切な事と言えばだれでもわかると思いますが、
まっすぐに打ち出すこと。
狙ったところにまっすぐ打ち出すことと、球の転がりです。

 

転がりの良い球を打つことです。

プロの試合を見たことがあるという場合は分かると思いますが、
「あっ!強い!」と思った打ちだしの球がカップを過ぎたところでスっと減速して止まる。

 

こういった光景をあなたは見たことありませんか?

 

あれこそが転がりの良い球。

 

スムーズに順回転で転がっている球であるということが言えます。

 

インパクトの衝撃によって球を前に飛ばすことではなく
ボールに順回転をかけてその回転力によって球を進ませるという事です。

 

 

狙った距離までは与えられた回転でスムーズに転がって、そこをすぎたら回転力がなくなるのでスッと止まるというわけです。

 

そんな転がりを目指してみてください。

ストロークはあくまでイン・トウ・イン

パッティングではよくストロークの話になると思いますが、
真っすぐに引いてまっすぐ打つ。とよく言われたり聞いたりすることがあなたもあると思います。

 

果たしてこの真っすぐ引いて真っすぐ打つということは正しいのか?

 

 

ボールを真っすぐに転がすためにヘッドを真っすぐ動かすころが合理的であるという考え方と、スイング同様に多少なりともインサイドに上がってインサイドに抜けていくという考えの2つがあります。

 

 

僕の考えとしてはどちらでもいいというのではなく、
どちらかというと後者のスイング同様多少なりインサイドにあがって、インサイドに抜けていくというイメージです。

 

たしかに球を真っすぐに転がすためにはヘッドを振り子のように真っすぐに動かせたら合理的ですけど、やっぱりパターにもライ角があって、軸を中心とした動きである以上若干はイン・トゥ・インにならざるを得ないと思います。

 

おそらくはライ角なりの動きよりもアップライトに真っすぐに近く動いていると思いますが
ストレート・トゥ・ストレートを意識しすぎるとスイング軌道に対してフェースを閉じながら上げて、開きながら打つ感覚になってしまうことがよくあります。

 

これでは球がつかまりませんし、動きとしてもやっぱり不自然になってしまいます。

 

そして、ゆるやかな弧を描いているストローク軌道に対してほんの少しですがフェースの開閉も起きます。

 

これはごく小さな動きで意識的にフェースを開閉しているというほどではないです。
でも、フェースは開閉しているのか?

 

していないのか?と言われたら開閉しているというのが正解ですね。

 

実際に、デビット・トムズとかスティーブ・ストリッカーのようなパッティングの名手と言われる選手打ち方をよく見ているとやっぱりフェースは開閉しているように見えます。

 

また、インパクトの軌道は限りなく水平が望ましいのですが、

アッパー軌道かダウンブロー軌道かと聞かれたら、僕はダウンブロー軌道だと思います。

 

多少なりともロフトの付いたパターでさらにアッパーで打ってしまいますとインパクト直後にボールが浮いてスキップするようにはねてしまいますので、スムーズな順回転がかかりにくくなってしまいます。

 

 

ここで勘違いしてほしくないのですが、
こういった動きに関してはごくごく少しだけということです。

 

あくまで小さな動きであるという事です。

このイン・トゥ・インやダウンブローを意識してやるとほとんどの人が過剰にやりすぎてしまいます。
感覚的には若干イメージがあるだけということでとどまらせてください。

 

あくまで真っすぐ引いてまっすぐ打つというイメージの中に若干含まれているという意味でとらえてみてください。

 

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させて

あたりまえに80台、70台を出していきたいという場合、

再現性の高い正しい体打ちスイングを作る方法をメルマガ限定でお伝えしています。

ゴルフ初心者でも80台、70台を当たり前に出せるようになる無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク