スポンサードリンク

phrhr

 

今回はパッティングを打つ時に重要となるポイントについて話していこうと思います。

パッティングが上手くなるとスコアアップに直結します。

いくらショットが良くてもグリーン内でパッティングのミスを連発してしまうとスコアアップは望めません。

ゴルフで一番使用するクラブはパターです。

パターの上達がスコアアップには必要不可欠なことはゴルフをある程度かじったことがある人はわかるかと思います。

それではパッティング上達のためのストロークの基本的な部分をチェックしていきましょう。

インパクトではクラブフェイスの向きがボールに対して直角

 

まずパッティングで重要なのがインパクト時のクラブフェイスの向きです。

パッティングでは打つ距離が短くなればなるほどフェイスの向きの影響力が大きくなります。

特にショートパットになってくると95%以上フェイスの向きに対してボールが出ていくからです。

 

ロングパットよりもショートパットの方がフェイスの向きの影響力が強くなってきます。

なので、インパクト時にフェイスがボールに対して直角にあたることが重要となります。

インパクト時にボールに対してフェイスがまっすぐ直角にあたることをひとつ目標としてパッティングをしてみましょう。

 

フェイスをボールに対して直角にあてるために、まずアドレスをして振るときによく雑誌などでも言われているように全体のクラブを含めた腕の形が三角形でも五角形でもどちらでも構いません。

 

最初にアドレスでセットした腕とクラブの形を変えないこと

パッティングのストロークでは腕とクラブの形をできるだけ変えないようにストロークする必要があります。

 

例えば、手首を折り曲げてストロークしたりするのはNGです。

腕の末端の関節(手首)の角度などを変えてしまうとインパクト時にまっすぐ当てることが難しくなります。

 

よくプロの選手などはインパクトでヘッドが返ってくると言いますがこれができなくなるので全体の形を変えないでストロークする習慣をつけることが大事だと思います。

また、ストロークの際に左右の振りの大きさがおよそでいいので同じぐらいのふり幅になるようにストロークすることです。

 

バックスイングの大きさとフォロースルーの大きさが結果的に同じになるようにすることです。

例えば、バックスイングのふり幅が大きくてフォローが小さかったり、逆にバックスイングのふり幅が小さくてフォローが大きかったりすると全体のスピード感とリズム感が変わってしまいます。

 

こうなると結果的にインパクト時にフェイスがボールに対してまっすぐにあたる確率が大幅に低くなります。

パッティングの工夫としてはグリップを握る強さを実験的に軟らかく握るようにしたほうがいいと思います。

グリップを軟らかく握って自分自身でメトロノームの振り子の要領でバックスイングとダウンスイングをそれぞれリズムよく行ってみましょう。

ダウンスイングとバックスイングはイメージ的にほぼ同じぐらいのスピード感で振れるように練習してみましょう。

 

ふり幅も同じスピード感も同じ。

そうすることでフェイスの真ん中に当たるし、なおかつ直角に当たる確率が高くなります。

 

まとめますと、

  • 腕の形は三角形か、五角形
  • アドレスでセットした腕とクラブの形を変えない
  • バックスイングとフォロースイングのふり幅を同じに
  • グリップは軟らかく握ること
  • クラブフェイスがボールに対して直角に当たること

 

ショートパットが苦手な人はこれらのポイントをチェックして練習してみると良いかと思います。

パッティングが上手くなるとスコアアップに直結しますのでパター練習はゴルフ上達には欠かせないと思います。

 

100切りどころか一気に90切りを実現したゴルフ理論

↑ ↑ ↑
僕がゴルフを始めて半年でスコア82をマークした理論

repoto
スポンサードリンク